お問い合わせはこちらから

経営計画に欠かせない内部体制方針とは?


※こちらの動画でも解説しています。

経営計画の1つに経営方針というものがありますが、今回はこの中の内部体制に関する方針について、これをどうするか考えていきます。

経営計画に盛り込むべき経営方針は6つあります。

1.基本方針(すべての行動の総合的な方針)

2.商品別方針(どういう商品を重点的に扱うか)

3.顧客別方針(お客様との付き合い方)

4.販売計画(販売方法など)

5.新事業・新商品に関するイノベーションの方針

6.内部体制に関する方針

今回の内部体制方針とは、6つ目の経営方針です。

内部体制といってもあくまで経営方針の根幹にあるものはマーケティングですから、たとえばスタッフの構成などの販売体制や、あるいは商品の供給体制をどうするのかといった、市場に関わる対外的な体制の枠組みを示します。

また、イノベーションを起こすためにどういった体制をとるか、それを社長の直轄でやるのかといった組織的な体制づくりも含みます。

このほか、細かいクレームに関してどう対応するかといったことを含めても良いでしょう。

体制づくりだけでなく、「この部分の業務に関しては標準化する」というような方針を決めることでも良いです。

つまり、内部体制に関する方針とは、内部体制に関する方向性を示すこと全般を指します。

したがって内容はシンプルでも良いと思います。

大切なことは、基本方針、販売に関する方針、顧客に関する方針が定まっていることです。

この内容が定まってさえいれば、内部体制方針については、商品の供給体制や販売体制に関して組織的なあるべき姿を示す程度で良いと思います。

簡単に2・3行ほど書き添える程度で構いません。

また、最初は空欄にしておいて後に必要な内容を付け加えることもできます。

大切なことは、基本方針・商品別方針・顧客別方針がしっかりと決められていることです。

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

社長BOKIゲーム企業研修

社長BOKIゲーム企業研修

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索