お問い合わせはこちらから

領収証の基礎知識 無料メール講座全3回

領収証

はじめまして。公認会計士の柴山政行と申します。
このたびは、領収証の基礎知識を分かりやすく解説する無料メール講座を開講いたしました。 下記の登録フォームより申込いただけますと、無料で全3回メール講座を受講できます。

メールアドレス:


発行者略歴
連載実績
この領収証の基礎知識講座を受講した場合、下記無料メールマガジンへ代理登録されます
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000133281.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません

下記は、領収証の基礎知識 無料メール講座 第1回の抜粋です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                    資)柴山会計ラーニング株式会社

無料メールセミナー

 ☆ 領収書の基礎知識(全3回) ☆  第1回

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       テーマ「領収書の意味と役割」

 こんにちは。

 柴山会計ラーニング株式会社の柴山です。

 今日から、3回(3日間)にわたって、領収書のマメ知識を学習して
いきます。

 あまり難しい法律用語などは抜きにして、常識として知っておきたい、
領収書にまつわるお話を、いくつか集めてみました。

 
 気軽に読み進めていただいて結構です。

 では、はじめましょう!

1.領収書の意味

 領収書とは、かんたんにいえば、「代金の支払が行われた証拠」と
して、「代金を受け取った人」が発行する書類のことです。

 つまり、「代金の支払が行われたこと」を、お互いが確認する書類ですね。

 ちなみに、上の定義では、「代金の支払」という言い方をしましたが、
金銭の支払に限らず、「書類・手形の受取」、「商品の引渡し」、
「請負契約での完成物の引渡し」など、他の債務の弁済も含みます。

  ――――――  代金の支払  ――――――
 |      |――――――→|      |
 | 債務者  |       | 受領者  |
 |      |       |      |
 |(支払う人)|←――――――|(受取る人)|
 |      | 領収書の発行|      |
  ――――――         ――――――

 領収書は、支払などと同時に発行を受けるのが基本ですね。

 後日、本当にその日に授受があったか問題になったとき、証拠と
なりますからね。 

================================

 ☆ 領収書は、できるだけ支払と同時に、その証拠として受け取り
   ましょう。

================================

2.領収書の役割

 領収書は、債務の弁済が行われたことを証明するものですから、
後に二重払いを防ぐ役割を持っています。

 たとえば、仮に、代金を支払った時に領収書を受け取らなかった
とします。

 後日、相手から代金の請求がまたあった時に、支払済みである
ことを主張したくても、証拠がありません。

 「そんなこと、絶対にないよ!」と言い切れるでしょうか?

 もしも、相手方の担当者が代わってしまっていて、あなたから
支払を受けたはずの前の担当者が、会社にそのお金を入れてなかったら??

 だから、できるだけ支払と同時に受け取り、大切に保管して
起きたいものです。

 参考までに、法律上の文書を、なぜ厳格に作成し、保管するか
について、ここでキチンと知っておきましょう。

「日常的に発生する取引の1000回に999回は適正」でも、
「たった1回の不正や重大な問題が生じた時に対処」するのが、
本来の意図なのです。

 つまり、誰も、常識的には、ふだん、不正や重大なミスがある
なんて、思ってません。

 何年かに一回、数千回に一回、「どひゃっ!!」ということが
起きた時に、それがあなたの領域内でのことだったら、責任とれ
ますか?という話なんですね。

 不正や問題は、予告なしに、突然やってきます。

 領収書や契約書を普段キチンと保管しておくのは、
「いざという時の備え」と心得て、普段から習慣づけましょうね。

 もちろん、あまり堅く考えすぎると、息が詰まってしまうので、
習慣として、常識的に気をつけていれば済むことです。(*^_^*)

================================

 ☆ 領収書の役割は、二重払いを防ぐことにあります。

================================

3.領収書の記載事項

 領収書は、支払等があったことの事実を証明する書類ですから、
最低限、次のような事項が記載されていることをチェックしましょう。

   ―――――――――――――――――――――――――
  |         領  収  書    NO__  |
  |        ―――――――――        |
  |              (1)平成○年×月×日|
  |(2)ABC株式会社 様             |
  | ―――――――――――             |
  |    ――――――――――――――――     |
  |   |                |    |
  |   | (3) ¥100,000※  |    |
  |   |                |    |
  |    ――――――――――――――――     |
  |     但 ○○○の代金として         |
  |・――・ 上記のとおり、領収いたしました。    |
  ||収入|                     |
  ||印紙|        (4) XYZ株式会社  |
  |・――・                     |
   ―――――――――――――――――――――――――  

   (1)日付

   (2)支払った人

   (3)金額

   (4)受取った人(署名(記名)押印が必要)

================================

 ☆ 領収書は、日付、支払人、金額、受取人の記載に注意!

================================

4.領収書をなくしたら?

 領収書は、支払の証明になりますから、これをなくしてしまうと、
二重払いのリスクを負うことになります。

 後日、争いのもとにもなりかねません。

 話はそれだけではありません。
 なくした領収書を手に入れた人に、不正使用される可能性もあり
ますよね。

 いずれにせよ、受取側の立場としては、できるだけ、再発行を
受けるのが良いと思われます。

 発行側の人に、丁重に再発行をお願いします。
場合によっては、先方に念書を差し入れる必要があるでしょうね。
 

 また、社内での不正使用を防ぐためにも、領収書をなくした旨を、
経理または上司に報告しておくことも大事です。

================================

 ☆ 領収書をなくしたら、丁重に再発行をお願いしましょう。

================================ 

つづきは無料メール講座でご覧下さい。

メールアドレス:
この領収証の基礎知識講座を受講した場合、下記無料メールマガジンへ代理登録されます
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000133281.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません

無料メールセミナー著者プロフィール

1965年10月27日川崎で生まれる。
血液型はAB型。
小学生の時に東京・板橋へ引越。
高校まで、軟式野球に熱中した。
埼玉大学経済学部に5年在籍。
在籍時はクラシック・ギターに没頭。
演奏会で独奏をする。

3年時の訪問販売で、営業のスキルと発想法を学ぶ。

4年時に、内定が決まっていた大手生保会社への就職を辞退して、
自らリスクを追って無職となり、
3年以内に公認会計士試験に合格すると決意し、受検生活に入る。
当時はバブル後期で、同級生の多くが大手金融機関などに就職した。
柴山自身は同期の中でマイナスからのスタート。

営業の仕事で身につけた独特のスタイルとスキルで、
勉強嫌い、大学5年在籍の状態から1992年(平成4年)に
公認会計士2次試験への合格を果たす。

1992年10月 センチュリー監査法人に入所。
1997年 6月 センチュリー監査法人を退所。
1998年 7月 一年間の個人会計事務所勤務を経て、柴山政行公認会計士事務所を開設。
当時は顧客ゼロからスタート。
2000年前後 会計事務所、会計コンサルティング、講師業の3つを事業の柱として、スタッフなしの一人体制で3年目に初年度の年商280万円から1800万円へと、いっきに6倍強へと売上を増加させた。

事業の撤退を自ら体験するために、たいやき屋を短期間で運営したことがある。当時、食品衛生責任者の資格を取得。

2004年 4月 合資会社柴山会計ソリューションを設立。以降、本格的にインターネット事業に乗り出す。
ホームページを独学で作成し、初年度より売上実績を作る。

同年、メールマガジンを2本創刊する。
「5分で完結!小学生でもわかる簿記入門」
「時事問題で楽しくマスター!使える会計知識」

メールマガジンは、最大で読者数5万5千人となる。

2006年 4月 雑誌「プレジデント」にて、「会計考現学」の連載をスタート(現在も執筆中)。
2008年 9月 「Google経済学」を執筆。5万部のヒットとなる。
2009年~2012年 毎年著書を発表し、20冊の書籍数を超える。
2011年 5月 NHK「仕事ハッケン伝」に出演。
2012年 4月 TBS「朝ズバ!」に柴山のコメントと著書が出る。
2013年 6月 会計事務所が創立15周年を迎える。

著書 約30冊

  • 銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?(潮出版社)
  • Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~
    (フォレスト出版)
  • 半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか―お金は裏でこう動く(幻冬舎)
  • 「餃子の王将」決算書で、儲けのポイントがサクッとわかる(光文社)
  • 儲かる会社に変わる「バランスシート」革命(光文社)
  • 一目で見抜く!財務諸表解読法―ざっくり押さえて仕事に役立つ会計の本
    (秀和システム)
  • 銀座を歩けば経済がわかる!(フォレスト出版)
  • グーグル会計学(フォレスト出版)
  • サバイバル会計学(PHP研究所)
  • できる人の「会計思考」入門(三笠書房)
  • トラの子を増やす決算書の読み方(中央経済社)
  • フリーランス&個人事業主のための「確定申告」(技術評論社)
  • 電子書籍「不況を生き抜く生活の知恵 公認会計士が教える裏会計学」
    (バレーフィールド)
  • ストーリーで頭に入る日商簿記3級超入門(エクスナレッジ)
  • ラクラク突破 ストーリーで頭に入る日商簿記3級合格一直線(エクスナレッジ)
  • 日商簿記受験生のための 簿記単 あいまいな用語がすぐ分かる (とりい書房)
  • 試験攻略入門塾 速習! 日商簿記3級(中央経済社)
  • ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記
    (日本能率協会マネジメントセンター)
  • 3時間でわかる簿記入門(早稲田経営出版)
  • 3時間でわかる原価計算入門(早稲田経営出版)
  • 3時間でわかる会計学入門(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記対策講座講座(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記2級講座商業簿記(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記2級講座工業簿記(早稲田経営出版)
  • 最新原価計算の基本と仕組みがよーくわかる本(秀和システム)
  • 最新減価償却の基本と仕組みがよーくわかる本(秀和システム)
  • 出る順問題集 日商簿記3級(中経出版)

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索