お問い合わせはこちらから

年末ジャンボ宝くじに長蛇の列

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000000-jijp-soci.view-000
年末ジャンボくじの発売が21日に始まったそうです。
今回は、1等が5億円だそうで、どんどん金額が膨らんでいる印象です。
昔と比べて、20年くらい物価はかわらないデフレ状態なのに、宝くじだけは当選金がインフレ気味ですね。
夢の付加価値に「ブラックマンデー」はないようです。
さて、多くの方が並んででもほしい!と思ってしまう宝くじ、その魅力の一つは、当選金に税金がかからない、という点もあるかもしれません。
同じ当選金でも、競馬の当たり券にはきっちり税金がかかりますから、「なんで???」という疑問がわいてくるのが普通の感覚でしょう。
そこで宝くじと馬券をしみじみと見比べてみるのですが、課税か非課税かの違いについて、どこにも理由の説明がなく、表面上はまったくわかりません。
そこで、裏の顔、つまりそれぞれのギャンブル(?)における売上金の使い道に目を向けてみる必要がでてきます。
まずは宝くじですが、宝くじの売上については、ホームページでも内訳の概要を明らかにしています。
⇒ http://www.takarakuji-official.jp/educate/about/proceeds/index.html
(宝くじについて 収益金の使い道と社会貢献広報)
これによると、次の通りです。
○都道府県や指定都市などに納められ、公共事業等に使用…40.2%
○社会貢献広報費…1.2%
○印刷経費、手数料などのコスト…11.7%
○当選金としての払い戻し…46.9%
宝くじ100円につき、40円ちょっとが税金として払っているようなものです。
コストが10%ちょっと、当たりくじの支払いが47%ちかくということです。
これはこれで違った観点からのツッコミも入れられるのですが、ここでは税金の話に絞ります。
以上でわかる通り、すでに宝くじを買った瞬間から40%もの納税をしているようなものですから、これで当選金にもさらに課税されたら、二重課税になるでしょ????というお話なのですね。
だから、「購入時にすでに税金を払ってもらっているので、当選金にはかかりませんよー」という結論になります。
いっぽう、競馬の売上代金のつかいみちですが、たとえば次のサイトに「国庫納付金」という用語の説明があります。
http://www.jra.go.jp/kouza/yougo/w414.html
これによると、JRAでは100円あたり10円が国庫に納付されているそうです。
さらに、事業運営の結果として利益が出ると、その半分がさらに国庫に納付され、これを第2国庫納付金と呼ぶそうです。
これらの国庫納付金は国の一般財源に繰り入れられます。
というわけで、馬券を買うと、100円当たり10円が少なくとも税金となっています。
利益が出るとその割合は上昇しますが、宝くじの40%よりは低いでしょ?
だから課税ですよー、みたいな感じでしょうか。
なんとなく、馬券を買っている方にとっては、ちょっと納得しがたいところがあるかもしれませんが、いま知りうる情報では、だいたいこんなところのようです。
つまり、冒頭の時事ニュースに戻ると、表面上は宝くじを購入しているのですが、じつは「税金を喜んで払うために長時間並んでいる?」ということもできるのです。
なんだか皮肉な話ですが…
で、これは財政政策に応用できないかな、と思うわけです。
これは思考の遊びですが、たとえば消費税を5%上げて10兆円の税収を確保したいのなら、消費増税をやめて、かわりに「スペシャル宝くじ(実は税金)」を作り、収益金の40?50%を配当とし、10%は諸経費とし、50%を税金として天引きする、というのはいかがでしょうか。
10兆円の宝くじ税がほしいなら、たとえば月に2兆円ずつ、年間24兆円発行します。
そのうち12兆円くらいを毎月1兆円ずつ配当として納税者に与えればどうっすか?
たとえば、平成24年度の実績でみると、当選金はたかだか4,284億円です。
しかし、宝くじ税は、なんと毎月1兆円ですよ!
年間12兆円も還元!
すごいじゃないですか。
わたしなら、2,000万円と1,000万円の当たりくじを増やします。
1億円は2,000本くらいで、これで2,000億円、残り8,000億円につき、2,000万円の当たりを2万本で4,000億円、1,000万円の当たりを4万本で4,000億円にします。
こうなれば、毎月、なんと6万1000人が、1,000万円以上の当たりくじを引きます。
そのうち、1,000人は毎月1億円当たります。
これだけ毎月当たれば、近所の知り合いや親せきが、ちょこちょこ万馬券クラスの当選をすると思いませんか?
「ねえねえ、おとなりのアパートの○○さん、2,000万円の宝くじ税の払い戻しがあったらしいわよ!」
「ええ!あそこ、去年は1億円あてたじゃない!!ついてるわねー」
なんて会話が巷から聞こえてきそうです。
こうなれば、消費増税なんかしなくても、みなさん喜んで宝くじ税を買うだろうし、また、それで年間24兆円も動けば、これはトヨタの連結売上規模ですから、そこにビジネスが生まれ、雇用も何万人単位で生まれる気がするのですが…
いかがでしょう。「宝くじ税」構想。
そんなことを、宝くじのニュースで考えてみました。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索