お問い合わせはこちらから

日経朝刊・月曜版の「景気指標」はデータの宝庫!

毎週月曜日の日経朝刊は、非常に役に立つ経済データが手に入ります。
「景気指標」という紙面です。
ここには、最近の各種の重要な経済指標がまとめて掲載されています。
※日経新聞社による景気指標の説明は、次のURLでご覧になれます。
⇒ http://www.nikkei4946.com/guide/nikkei/step/step03_1.html
「『景気指標』面|日本経済新聞ガイド版Web」
主だったところでは、次の指標がまずは注目!といったところですね。
1.GDP…国内総生産。2014/4-6月:487.2兆円(名目。前年比▲0.4%)
2.機械受注…実際の設備投資に6-9ヵ月先行:2014/6月は前年比▲3.0%
3.法人企業統計(営業利益):2014/1-3月は前年比28.8%
4.有効求人倍率…求人÷求職。1倍以上が雇用需要超:2014/6月は1.10
5.消費支出(2人以上世帯):2014/6月の前年比▲3.0%
これらの月次における時系列のデータは、その推移などに注目すると、日本経済の勢いがわかりやすくなります。
景気は拡大しているのか、縮小しているのか、足元の力強さはあるのか、などの趨勢を把握しておいた上で日々の経済ニュースを見る、または各企業の業績記事を見る、という2段構えの視点が大事になりますね。
ほかにもたくさんの指標がありますが、まずは上の5つを見ると、1つ目のGDPは日本経済全体の規模と方向性がわかります。
2?5は、GDPの構成要素のうち、民間における設備投資と消費支出の勢いをチェックできるデータですね。
機械受注は、設備投資の半年先を予測する超重要な先行指数です。
これが最近マイナス続きなので、2014年末あたりから2015年の前半にかけて、設備投資が縮小傾向になりそうな予感プンプンです。
7月以降にプラスに転じてくれるといいのですが・・・
また、5.の消費支出などは、GDPの55%強を支えている家計の支出の動向がわかりやすいですね。
ここも直近では他3ヶ月連続でマイナスです。
つまり、現在のところ、日本全体ではここまでアベノミクスの勢いの惰性で良い数値が全体として出ていますが、消費増税後は設備投資の先行指標が悪く、足元の家計支出にもマイナスの兆候がいまのところはっきりと出ています。
2014年終盤から2015年前半にかけては、楽観できないどころか、悲観的な見方すら必要ではないか、と思ってしまいます。
家計を防衛するためにも、企業は会計数値を健全化するためにも、ますます資金繰り管理が重要になってきますね!
以上、日経新聞の月曜版は、とっても使える景気指標の紙面がグッド!というお話でした。
※関連動画⇒ http://youtu.be/6ITe8b0RDzQ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索