お問い合わせはこちらから

ゴールドウィン、ROAが今期8%になる見通し

スポーツウエア中堅のゴールドウィンが、2014年3月期における総資産経常利益率(ROA)を8%に押し上げる見通しだと報じられていました。
前期比で1ポイント近く上昇するとみられています。
主力ブランドのザ・ノースフェイスなどが販売好調なのが大きな要因となっています。
商品卸先のスポーツ用品店を定期的に巡回して売れ筋商品の把握を徹底し、滞留在庫の発生を未然に防ぐ戦略も功を奏しているように見受けられます。
業績好調に伴う手許資金の増加は、借入の返済・圧縮にも寄与しそうで、当期末の有利子負債(借入れや社債などの合計)を前期比で3割から5割減らす方針とのことです。
一年前のほぼ半減が達成できたら、これから消費増税で景気が冷え込む前に、財務体質の強化ができそうですね。
ROAはReturn On Assetsの略で、企業が所有している総資産が、どれくらいの利益を生み出しているか、という意味で資産の有効活用の度合いを表す重要な財務分析指標と言えます。
理論的には、次のような計算式で求められます。
【ROAの計算方法】
ROA=当期の経常利益/平均総資本
※平均総資本=(期首総資本+期末総資本)÷2
ここで、総資本とは、バランスシートの貸方(右側)にある「負債」と「純資産」の合計です。
会計理論のセオリーとして、会社が所有している総資産と資金調達方法の合計である総資本(負債+純資産)は必ず一致するので、「総資本」は結果として「総資産」と言い換えても、数値的には対して問題はないでしょう。
ちなみに、期首の総資本と期末の総資本を足して2で割ることにより、平均の総資本残高を分母として採用している理由は次のとおりです。
会社が一年間で稼ぐ利益は、期末になって全額がドーンと計上されるわけではないですね。
期首から期末にかけて、一年を通してまんべんなく平均的に発生すると考える方が自然です。
このような期中を通じて徐々に発生していく利益は、期首の総資本からも生み出されていると考えます。
そして、順調に儲かっているならば、期首から積み上げられていく利益は、
その後どんどん期首の総資本に加算されて、期末の総資本に向けて増えていきます。
したがって、当期の利益の影響は、前半部分は期首の総資本から大きく生み出されていると考えられるため、期首と期末の総資本残高の2分の1くらいで計算をするのがより実態に近いと考えられるのですね。
なお、便宜上、期末の総資本で経常利益を割っても、よほど期中に大きな総資本の変動がなければ、常識的にみて、それなりに意味のある数字が得られるだろうということで、「経常利益÷期末総資本」で便宜上ROAを計算し、過去や同じ時期の同業他社などと比較することも、実務上はみられます。
要は、比較するときに同じ数値のコンセプトに基づけば、財務比較に際しての大きな支障はないだろう、というお話です。
理論的には平均総資本ですが、便宜的には期末総資本でROAを計算することも間違いではないんだな、という感じでご理解いただけるとよいでしょう。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索