お問い合わせはこちらから

米上場の日本企業のうち、6社に欠陥?(2006.12.119)

日経新聞の、12月15日の19面では、
米国の資本市場で資金調達をしている日本企業のうち、
6社が内部統制上、なんらかの大きな欠陥があるとして、
その内容を開示しました。
なお、SEC(米証券取引委員会)に正式な年次報告書を
提出している日本企業は、26社だそうですが、
そのうち、日立製作所、アドバンテスト、トレンドマイクロ、
三菱UFJファイナンシャル・グループ、クボタ、NECの
6社が、米国会計基準で財務諸表を作成する手順や担当者が
不足していると記述したそうです。


内部統制構築のポイントは、
●経営者の理解と指導性
●プロジェクトへの適切な人材配置、体制確立
●会社内に、内部統制対応の人材を育成する
●組織内での相互協力と理解
●監査人とのコミュニケーション
など、いろいろありますが、
なんといっても、社内の人材育成、確保が大きな
悩みの種でしょう。
なにせ、これまで、全社レベルで内部統制の構築に
取り組んだ経験が、なかなかどこの会社でもないわけで、
ほとんどが試行錯誤の連続でしょうから。
そんな中で、上記の6社の不備開示の内容を新聞で
拝見しますと、人材不足を不備内容に挙げた会社が3社あり、
やはり、内部統制と会計基準に精通した人材をあわせて
確保することの難しさをうかがわせます。
日本でも、内部統制の本格的な導入は
2008年度から始まりますから、いまから準備が
たいへんです。
ちなみに、米国ではさいきん、企業の負担が大きすぎる
ということで、規制を緩和する方向で議論されています。
このあたりは、日本でも考慮されていくような
気がしますね。
以上、これから上場企業をはじめとして、
ますますホットな話題となっていく、内部統制の
お話でした。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索