お問い合わせはこちらから

自社株買いと増資?「資金余剰の会社」VS「資金不足の会社」

株式の発行を伴う資金調達方法を、エクイティファイナンスといいます。
A社のケース(借入金100億円と新株発行80億円で設立した。)
             バランスシート (億円)
    ――――――――――――――――――
     現金預金 180 | 借入金 100 ←債権者から
                |
                | 資本金  80 ←株主から
                |
もちろん、上記バランスシートの右側2つの項目のうち、
2行目の資本金80が、エクイティファイナンスの部分です。


簡単に言えば、180億円の資金を調達するのに、100億円の
借り入れと80億円の株式発行(会社設立後なら増資)を行った、
というストーリーです。
で、上記の180億円の資金を設備投資に回して、
それがうまくいき、年間20億円の税引き後の利益を稼げるように
なったら、ROA(総資産利益率)とROE(自己資本利益率)は、
いくらになるでしょうか。
この場合の計算式を、
ROA=当期純利益/期末総資産(期首総資産+利益)
ROE=当期純利益/期末自己資本(期首自己資本+利益)
としましょう。(ROAの利益に経常利益などを使うことも多いです)
(答案用紙)
  ◎ROA = (     )%
  ◎ROE = (     )%
=============================================
…はい、答えです。
  ◎ROA = (  10 )% ※{20/(180+20)}×100
  ◎ROE = (  20 )% ※{20/(80+20)}×100
※一年後のバランスシートと損益計算書
             バランスシート (億円)
       ――――――――――――――――――
       総資産  200 | 借入金 100 
                |
       (現金預金その他)| 資本金  80 
                | 純利益  20
                        ↑
             損益計算書 (億円) ↑
          ――――――――――――― ↑
          売 上 高     ××× ↑
          ○ ○ 費  (―)××× ↑
            :           ↑
                 ―――――― ↑
          当期純利益      20→・
                 ======
…いかがですか?
A社は、一年間で、借入金と新株発行で調達した資金を
有効活用して、20億円の利益を上げました。
そして、第1期終了後の株主総会です。
稼いだ利益を、2年目にどう使うか?
あるいは、株主に配当ないし自社株買いで還元するか?
さらに規模を拡大したい、と思えば、稼いだ20億円を
株主に還元せず、さらに設備投資などにまわせばいいでしょう。
そのとき、「いや!チャンスだから、一気に規模を大きくしたい!」
と経営者が思えば、さらに追加で増資を募って、資本を増強
しようとするかもしれませんね。
でも、追加で株式を発行する、ということは、将来、さらに
利益を上げる自信がないと、1株あたり利益が希薄化(うすまる)
ので、経営者は、相当な覚悟をすべきです。
また、自己資本も増えるので、財務体質は強化されますが、
将来の収益性拡大の意図なき財務体質の強化は、
株主の理解を得るのが難しいですよね。
だから、増資するときは、株主に、腹をすえて増収するという
意思を強く表現しなければなりません。
たいへんですね。
※第2期に、さらに100億円増資する場合。
             バランスシート (億円)
       ――――――――――――――――――
       総資産  300 | 借入金 100 
                |
       (現金預金その他)| 資本金 180 
                | 純利益  20
逆に、現状のROEを維持できる自信がない場合には、
資金を寝かせておくことは、もしかしたら自前で他の投資のチャンスを
もっている株主にとって不利益なので、自社株買いや配当でお金を
返すべきでしょう。
※第2期に、企画中の新規事業投資ではROEがわずか2%程度と
 見積もられたので、稼いだお金を新規投資せず、自社株買いで
 株主に一部払い戻した場合。
             バランスシート (億円)
       ――――――――――――――――――
       総資産  180 | 借入金 100 
                |
       (現金預金その他)| 資本金  80 
                | 純利益  20
                | 自己株式▲20
       ―――――――――|――――――――
         計  180 |  計  180
       ==================
現実問題として、本当は上記のようなケースなのに自社株買いを
おこなわないのは、株主に対して経営責任を果たしているとは
いえないですね。
(※もちろん、このほか、企業のおかれた情況によっては、
  自己資本を手厚くして、近い将来の危機に備える、という
  意思決定も、時として必要です。なんでもかんでも還元、
  というわけではないです。念のため。)
だから、追加投資とか新規事業の投資対利益率をしっかりと
予測し、それが株主の期待する(と思われる)利回りのときだけ
追加資金調達すべきで、自信がなければ、あまった資金は還元する
という意思決定との天秤は、もっともシンプルに考えれば、上記の
ようなケーススタディーとなるんですね。
本稿での結論は、経営者が現在の資金を配分するさいに、
「追加投資と自社株買い(または配当)は、重要な二者択一の場面」
である、ということです。
そして、追加投資に必要な資金が、手持ち分でたりない、と
なったときに、「増資」とか「社債発行」とか「借り入れ」とかの
選択肢が次に生じるのですね。
以上は、経営者の経営責任の本質の一端を考察するユニークな
説例ということで、ご理解いただけると幸いです。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索