お問い合わせはこちらから

上場企業の中間配当が1兆円減少?(日経01)

日経新聞、10月5日の1面記事です。
2009年4月?9月期決算の上場企業1863社を対象としたデータでは、
中間配当が1兆9400億円と集計され、前年同期の2兆9300億円の約3分の2に
目減りした、と報じられていました。
鉄鋼や自動車・部品、電機など、4?9月期に最終赤字を予想している
業種で減少率が目立っている、ということです。
日立・東芝・三菱などは、4?9月期はそろって最終赤字が見込まれて
います。
そういった事情などもあって、中間配当を見送る、という状況に
なっているのですね。
この1年間は世界同時不況ですから、当然のことながら、利益が
思うように上がっていない会社が大部分でしょう。
そうなれば、どうしても配当をする余裕がなくなってきます。
一方で、個人の株式保有比率が2割超に高まっているという現状から、
個人の収入が全体として減る要因となるであろうから、消費にも
マイナスの影響を与えるのではないだろうか、という予測もされて
いました。
もちろん、日経平均を見ても、一時期の底値から、徐々に
回復に向かっているような傾向が見て取れるので、来年くらいには、
本格的に配当水準が回復する可能性は高まってきていると思います。
配当は、株価や個人消費などにもある程度の影響があると考え
られるので、今後の上場企業の配当政策の動向には、
注意を払っておいて損はないかもしれませんね。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索