お問い合わせはこちらから

上場企業の受取利息と配当金が3割増加(2006.12.1)

日経新聞、12月3日の1面です。
9月の中間決算を発表した1646社を対象にして、
受取利息および受取配当金の合計から支払利息を引いた
「金融収支」を算出したところ、
全体の金融収支は4512億円の赤字で、
前年から1300億円ほど改善したそうです
金融収支の赤字額は、ITバブルが崩壊する直前だった
2000年の4分の1にまで縮小した、ということですから、
すごい収益の改善ですね。
ところで、金融収支の改善に貢献したのは製造業です。
約420億円の金融黒字と、連結中心の決算となった
2000年以降で、初めての黒字化です。
金融収支の黒字が大きい主な企業としては、
三菱商事の591億円、
トヨタ自動車の386億円、
武田薬品工業の262億円などがあります。


金融収支改善の背景には、
ここ数年、日本全体の有利子負債削減の
傾向による支払利息負担の軽減と、好調な業績を基礎とした
各社の配当の増加の2つが、いい方に影響している、
と考えられますね。
今後、金利が上昇した時に、
金融収支がどのように変化していくか、
注目していきたいところです。
→ 日商簿記検定3級対策DVD

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索