お問い合わせはこちらから

量的緩和解除で金利負担増?短期借入への影響(2006.3.

3月10日の日経1面では、日銀による量的緩和解除の3月実施
についての記事がでていました。
これにより、すぐに金利が上がる、というわけではないですが、
2001年以来つづいていた緊急措置のような
「デフレ対策としての量的金融緩和政策」を解除して
もとの平時の金融政策スタンスにもどそう、
という意図がみられ、今後の動向が注目されます。


なお、企業財務的には、
この量的緩和解除は、将来のゼロ金利脱却→金利上昇
シナリオを予感させるわけでありまして、
現時点における借入残高が大きい企業にとっては、
十分に注意が必要な状況となりました。
特に、短期借り入れは、すぐに返済期限が到来し、
その後、また運転資金の調達のために
新規借り入れをするときなど、タイミング的に
ちょうど金利上昇の影響を受ける危険も高い、
ということで、注目を浴びつつあります。
そこで、日経3月10日の17面には、有利子負債500億円以上で
連結有利子負債に占める短期借入金の比率が高い企業の
ランキングを表にしています。(2005/9月)
なかなか興味深いです。
           短期借入比率  有利子負債
 
 1 三井住友建設   98%     1047億円
 2 ロイヤルHD   96       973
 3 カメイ      92       616
 4 ユアサ商事    85       720
 5 戸田建設     84       600
     :       :        :
まだ、今日明日という緊急さではないでしょうが、
短期借り入れから長期借り入れへのシフト、
変動金利から固定金利へのシフトが多くなるのかもしれません。
以上、短期借り入れに関するおもしろいトピックを
ご紹介いたしました。
→ チャート式・最新会計基準120分速習講座 2009年版

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索