お問い合わせはこちらから

親子上場をやめる会社が増加中!?(2006.10.

日経新聞の朝刊、10月6日の17面に、「揺れる親子上場」
という題名で、非常に連結決算に関する興味深い記事がありました。
ここでのテーマは、
「100%出資化の波」です。
かんたんにいうと、
親会社と子会社が同時に上場している場合、
子会社の少数株主の利益が、時として置き去りにされる、という
日本の親子関係の特殊性を鋭く突いた論文となっています。
最近の現象として、
親子上場をやめるケースが増えている、ということなのですが、
その狙いの一つとして、
「上場子会社を100%出資にして事業再編を加速したり、
 少数株主に流出する利益を取り込む狙いがある。」
ということなのですね。
9月26日は、石川島播磨工業や富士重工など5社が株式交換と
いうテクニックを使って、上場子会社を完全子会社化しました。
子会社を100%出資化して上場をやめる理由として、
一番多いのが連結経営の強化のようですね。


なお、親会社側の事情もさることながら、
子会社にとっても、上場にあたっては、メリットとデメリットの
両方が存在します。
●子会社側の、上場のメリットとデメリット
 メリット…資金調達力や信用の向上
      知名度がたかまることによる人材の確保
 デメリット…少数株主の利益が置き去りにされやすい。
       情報開示の負担が大きい。
       M&Aのリスクがある。
以上の中でも、上場していながら、親会社の存在が
あることで、その株を持っている少数株主の意思とは
関係なく、親会社の意向による経営がすすめられる、
ということもありがちですね。
このように、子会社の上場に関しては、
従来からいろいろと異論がありました。
今後、親子同時上場について、新しい動きがどんどん
出てくるかもしれませんね。
→ 日商簿記検定3級対策DVD

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索