お問い合わせはこちらから

当期純利益と「法人の所得(=法人申告所得)」の違い

まずは、損益計算書のカンタンなフォームを、おさらいしましょう。
            損益計算書 (単位:億円)
       ――――――――――――――――――
       
       売  上  高      800
          :
     
       営 業 利 益      135
       営業外費用(支払利息)  ▲15
       特別損失(減損損失)   ▲20
                  ――――――― 
       税引き前当期純利益    100
       法人税等         ▲48
                  ―――――――
       当期純利益         52
                  =======
上記の例では、税効果会計の適用を無視して考えることに
します。
(※税効果会計について解説した教材はコチラ
  → やさしい現代会計の中級講座

また、話をカンタンにするために、法人税等(法人税、住民税
及び事業税の合計)の税率を、所得(税務上の利益)の40%
としましょう。


そうすると、上記の例ならば、税引き前当期純利益100億円に
40%をかけて、40億円ではないか、との疑問が生じますよね。
では、なぜ48億円の納税額なのか。
それは、会計上の(P/L)利益100億円と、
税務申告上の利益(申告書上の所得)が、異なるために生じる
減少なのですね。
たとえば、上記の損益計算書(P/L)で、
特別損失(減損損失)は、固定資産の特殊な評価の切り下げ
です。しかも、やたらと見積もり要素が多くて、数字の
厳格性の観点からは、株式の評価損のような「客観性」に欠けます。
つまり、見積り費用として会計上は計上しても、
税務上ではこれを認めることは、算定の客観性などの点から、
難しいのかな、ということになります。
そうすると、
「損益計算書では費用とする」が、
「税金計算上は、費用とは認められない」項目が
でてきたりしますね。
このような会計上の利益と税務上の利益(=所得)との差を、
損益計算書とは別の表(別表4)で明らかにするのです。
(参考:別表4のイメージ)
 ※当期純利益(税引き前とします) 100億円
  加算:減損損失の否認額     +20億円
  減産:(本例は、なしとします)      
                  ―――――
  所得金額            120億円
                  =====
※初心者の理解を優先し、実際の申告書と若干違う表記に
 してあります。
 (ここでは、税引き前の当期純利益からのスタート。
  実際には、税引き後からスタートする。)
上記の所得金額120億円は、
P/Lの税引き前当期純利益100億円と明らかに違います。
(ポイント)申告書の所得金額 ≠ 税引き前当期純利益
           120         100
そして、別表4で計算された所得金額120億円をもとに、
法人税・住民税・事業税などが計算されるわけですね。
         損益計算書 (単位:億円)
    ――――――――――――――――――
    
    売  上  高      800
       :
     
    営 業 利 益      135
    営業外費用(支払利息)  ▲15
    特別損失(減損損失)   ▲20
               ――――――― <別表4>
    税引き前当期純利益    100 →→+20
                      (120)所得  
                         ↓
    法人税等(納税額)    ▲48 ←←←←・×40%
               ―――――――
    当期純利益         52
               =======
上記のように、法人税の確定申告書の別表4というところで、
納税額の計算基礎となる税務上の所得金額が計算されるわけです。
なお、税務計算の対象となる「所得」金額は、
申告所得とか、課税所得などとも、呼ばれたりしています。
以上、損益計算書における会計上の利益と、
税務計算上の所得の違いのお話でした。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索