お問い合わせはこちらから

子会社純利益が「親会社以外」の株主に帰属する分…少数株主利益

ある会社が、他の会社の議決権(普通株ですね)の過半数を
取得すると、親会社になります。
過半数の議決権を取得されると、その会社は、子会社となりますね。
<企業の支配関係>
 (例)A社は、B社の議決権ある株式の60%を取得した。
         A 社
          ↓
          ↓株式の60%を所有
          ↓
         B 社
このような場合、B社の株式を所有しているA社以外の株主を、
「少数株主」と呼びます。
ここでは、B社の株式を握っている、他の40%の株主の
ことですね。
ここで、B社が、一年間で1000万円の純利益を計上した
としましょう。
          B社のP/L (万円)
      ―――――――――――――――
      売  上  高    ××××
         :
                ―――――
      当期純利益      1000
                =====
ここで問題となるのは、
「B社の稼いだ利益が、すべてA社に帰属するのか?」
ということです。
かんたんにかんがえれば、
■B社の純利益1000万円→→→A社(親)600万円(60%)
              ↓
              ↓
              ・→少数株主 400万円(40%)
と、持分割合に応じて利益を分配するのが筋ですよね。


連結決算上も、これと同様の考えをとります。
つまり、子会社の純利益のうち、少数株主に帰属する分は、
連結損益計算書を作る過程で、利益から控除するのです。
■B社P/Lの部分を、連結P/Lに変換するプロセス
          B社のP/L (万円)
      ―――――――――――――――
      売  上  高    ××××
         :
                ―――――
      当期純利益      1000
                =====
                   ↓
                   ↓
                   ↓
       A社連結P/L(B社部分)
      ―――――――――――――――
      売  上  高    ××××
         :
                ―――――
         :         :
      少数株主利益      400(▲)
                ―――――
      当期純利益       600
                =====
以上のように、100%支配でない場合は、
持分比率に応じて、親会社の取り分が下がる、
ということを知っておくとよいでしょう。
なお、完全子会社(100%子会社)の場合は、
少数株主が存在しないので、子会社の純利益はすべて
親会社の取り分となります。
→ 日商簿記検定1級短期マスター講座
■連結・税効果・時価会計・減損会計…(やさしい現代会計・中級)
 日経新聞や決算書の理解が深まる新会計基準の基礎知識

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索