お問い合わせはこちらから

上場企業の純有利子負債

上場企業の純有利子負債は、バブル後の最低水準(日経2005.7.24*1)
今回は、ちょっとめずらしく日曜版のトップ記事です。
通常、日経の財務記事は、平日版ないし土曜版の1面または投資・財務欄で
よく取り上げられるのですが、たまに、特集のような感じで日曜版にも、
重要な話題が取り上げられることがあります。
時には、注意して日曜版の1面にも目を通してみてください。
7月24日(日)の1面によりますと、上場企業の純有利子負債が、バブル
後最低となり、100兆円を割るとのことです。
2005年3月期の推計によりますと、調査対象となった1181社について、
有利子負債から手元流動性を差し引いた純有利子負債は、前年同期比より
7兆円も低い97兆円でした。


手元流動性超過額のトップは、武田薬品工業の1兆5千82億円とダントツで
した。
2位の任天堂(8471億円)を大きく上回っていますね。
このように、手元流動性が超過している実質無借金の会社は、調査対象の
3分の1にものぼるそうです。391社が実質無借金でした。
このような有利子負債の削減に成功した要因は、なんといっても収益力の回復
です。また、稼いだ金を、地道に借金返済に充てた努力が実を結んだともいえ
るでしょう。
有利子負債の削減は、当然、金利負担を軽減しますので、さらなる経常利益へ
のプラス作用が見込まれます。好循環ですね。
次に、このあまった資金をどのように使うのか、が問題となります。
設備投資にまわすのも結構ですが、その後の償却負担との兼ね合いから、しっ
かりと将来収益の計画を立てておく必要があります。
最近のM&Aの増加傾向からすると、当然のことながら、余剰資金を買収にまわ
す企業が増えてくることでしょう。
これからは、「あまった資金をどう使うか?」によって、株主の経営者に対する
評価が大きく左右されることになるかもしれませんね。
→ 簿記3級オンライン講座

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索