お問い合わせはこちらから

貸倒れの処理(最も簡単なパターン)


会社は、受取手形や売掛金のかたちで、金銭債権(要は、お金をもらう権利)を、
持っています。
しかし常にそういった債権が回収できるとは限りません。
このような回収不能の状態を、「貸倒れ」などといったりします。
したがってここで、貸し倒れを処理する基本形として、売掛金を現金で回収した場合の仕訳を考えてます。
————————————————————————————–
                              lesson.056
  ★ 5分で完結!小学生でもわかる簿記入門 ★      
         
                (読者数3299人) 2004.10.01
 関連HP  https://bokikaikei.net/       (月・水・金 午前中) 
————————————————————————————–
【CONTENTS】
 ○ 貸倒れの処理(最も簡単なパターン)
(※図が見にくい方は、等幅フォントまたはMSゴシックでご覧下さい) 
————————————————————————————–
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ○ 貸倒の処理(最も簡単なパターン)
 会社は、受取手形や売掛金のかたちで、金銭債権(要は、お金をもらう権利)を、
持っていますよね。
 そして、その金銭債権は、たくさんの得意先に対して持っていて、金額も、
ン千万円や、ン億円だったりします。
 で、それらの売掛金などが、常に全額、とどこおりなく回収できれば、誰も困りは
しないのですが、そうは世の中、うまくいきません。
 不良債権というものが、どんな会社にとっても、悩みの種です。
 ちなみに、「廃業率」と言う指標があって、一年前に100社あった会社のうち、
だいたい、平均して3社から4社が、一年後には廃業している、という統計が
でているのですね。
 とするならば、その廃業した会社に引っかかると、とうぜん、売掛金や受取手形は、
回収できなくなってしまいます。
 このような、回収不能の状態を、「貸倒れ」などといったりします。
 
 ここで、基本形として、売掛金を現金で回収した場合の仕訳を考えてみましょう。
(基本形:売掛金を現金で回収した場合の仕訳)
(借)現     金 ××× (貸)売  掛  金 ××× 
 このように、現金と金銭債権の交換取引(資産と資産の入れ替え)となります。
 次に、貸倒れが発生した場合を考えてみましょう!
(得意先が経営破たんし、売掛金が貸し倒れた場合)
(借)貸 倒 損 失 ××× (貸)売  掛  金 ××× 
 借方「貸倒損失」勘定は、財産を失ったことによる「費用」の科目です。
 以上、今回は、金銭債権が回収不能になった場合の基本形を学習しました。
======================================
                
 ◆ 練習問題
 次の取引を、仕訳・転記しましょう。
(1)A社に対し、商品100万円を掛けで売り上げた。
(2)1ヵ月後に、上記の掛け代金のうち、40万円分だけ、現金で回収した。
(3)さらに1ヵ月後、A社が倒産し、残りの売掛金は、回収不能となった。
【解答用紙】単位:万円
 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――
(1)(借)            (貸)      
(2)(借)            (貸)      
(3)(借)            (貸)      
   ――――――――――――――――――――――――――――――
<総勘定元帳の一部>
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
  +     現   金         
  ――――――――――――――― 
         |        
         |        
             
  +    売 掛 金           
  ―――――――――――――――    
         |                        
          |                
  +     貸倒損失             売   上    +
  ―――――――――――――――  ――――――――――――――― 
         |                |          
          |                |
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
【模範解答】単位:万円
 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――
(1)(借)売  掛  金  100(貸)売     上  100      
(2)(借)現     金   40(貸)売  掛  金   40      
(3)(借)貸 倒 損 失   60(貸)売  掛  金   60      
   ――――――――――――――――――――――――――――――
<総勘定元帳の一部>
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
  +     現   金         
  ――――――――――――――― 
  (2)  40|        
         |        
             
  +    売 掛 金           
  ―――――――――――――――    
  (1) 100|(2)  40                        
          |(3)  60                
  +     貸倒損失             売   上    +
  ―――――――――――――――  ――――――――――――――― 
  (3)  60|                |(1) 100       
          |                |
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の 実践分析講座 
 「柴山塾」→ https://bokikaikei.net/04jirei/66.html

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索