貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 無料動画【前を向いて歩こう】 > クローズドクエスチョンより、オープンクエスチョン【前を向いて歩こう!第40回】

クローズドクエスチョンより、オープンクエスチョン【前を向いて歩こう!第40回】

動画を収録しているのは、3連休の最終日の夜です。

連休の過ごし方にもいろいろあると思います。

旅行をする、レジャーを楽しむ、
読もうと思っていた本を読破する、
資格試験の学習を集中して行う、など...

いずれにせよ、やろうと思ってそれが予定通り
できた時は気持ちがいいですが、
必ずしもそううまくばかり行くとは限りませんね。

特に勉強とか仕事など、Have to(しなければならない)系の
目標を立てて連休に臨んだ場合、思い通りにいかずに
困った方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、「こんな状態のままでわたしはいいんだろうか?」
と自分自身に問いかけるかもしれません。

そうすると、その答えは「よくない(No)」か「いいんじゃない?(Yes)」
のような二者択一になります。

こういったタイプの質問をクローズドクエスチョンといいます。

クローズドクエスチョンを使いすぎると、
質問を受けた側はYesまたはNoの二者択一的な答えしか
選べませんから、柔軟な発想による積極的な考えが
浮かばなくなります。

そこで、事態を打開するため、状況をよりよくするための
脳を活性化する効果的な質問が「オープンクエスチョン」
なのです。

くわしくは動画の解説に譲りますが、
おうおうにして、まわりをみわたしてみると、
クローズドクエスチョンの連発で、会話が
一方的な誘導や命令のようなものに置き換わっている
例をみることがあります。

クローズドクエスチョンの方が、答えがはやく見えるので
やりやすいのですね。

でも、本当に積極的な提案や発想は、
オープンクエスチョンでなければ、普通は出てきません。

これは、自分に問いかける時も同じです。

ぜひ、今回の動画、オープンクエスチョンを
生活に取り入れて、より積極的な人間関係や自分の行動習慣を
手に入れるお役に立ててください。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座