お問い合わせはこちらから

勘定科目と仕訳の基礎 無料メール講座全3回

勘定科目と仕訳は、簿記・会計についての理解を深める上で、
必須の知識です。

この無料メールセミナーを通じて、
しっかりとマスターしましょう。
勘定科目と仕訳の基礎 無料メール講座(全3回)
第1回 勘定科目と仕訳の意味
第2回 貸借の呼び方
第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える

メールアドレス:  

この無料メールセミナーを受講された場合、
柴山会計ラーニング(株)発行の無料メールマガジン「柴山会計レポート」および下記無料メールマガジンへ代理登録されます。
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
:http://www.mag2.com/m/0000133281.html

勘定科目と仕訳の基礎 無料メール講座 第1回の抜粋

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
無料メールセミナー
 ☆ 勘定科目と仕訳の基礎知識(全3回) ☆  第1回
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       テーマ「勘定科目と仕訳の意味」
 こんにちは。
 柴山会計ラーニング株式会社の柴山です。
 今日から、3回(3日間)にわたって、勘定科目と仕訳の基礎知識を
学習していきます。
 勘定科目と仕訳は、簿記・会計についての理解を深める上で、必須の
知識ですから、このメールセミナーを通じて、しっかりとマスターしましょう。
 では、さっそく始めまていきます。
1.勘定科目(account:「a/c」)って?
  まずは、勘定科目という言葉を、2つに分けて見ましょうね。 
              ↓
         「勘定」 の 「科目」 
           ↓     ↓
       「計算する」ための「個々の項目(単位)」
  つまり、なにかを「集計する」ための「単位」なのです。
  簿記は、会社の財産を集計するための技術です。
         ―――――
  したがって、その集計単位は、
  「会社の個々の財産」と、     …(例)現金、預金など
  「会社の儲けを表す言葉」など   …(例)売上、交通費など
   なのです。
==============================
      勘定科目とは  →→→  財産の集計単位
                   儲けを表す言葉など
==============================
 ※勘定科目の例示
  会社の財産 : 現金
          預金
     
          売掛金  …売上代金の未回収分(=つけ)
          有価証券 …株券や公社債など
          商品   …在庫
          建物
          備品
         
           :
  儲けの計算 : 売上     儲けの+
          受取利息   儲けの+
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          仕入     儲けの▲ (以下、同じ)
 
          給料
          旅費交通費
          広告費
          交際費         
           : 
2.仕訳(journalizing)って?
 
 会社で取引が行われたときに、逐一、各勘定科目に簡潔に集計する
ための記録手続を、「仕訳」といいます。
 仕訳とは、言葉のとおり、取引を「仕分ける」ことです。
 ※ 取引を「仕分ける」ための前提知識 ※
 ものごとには、かならず結果と原因がつながっていますよね。
 会社の取引も、「結果」とその「原因(名目)」があります。
 (取引例)
  1 商品を売り上げ、お客から現金200,000円をもらった。
    ○結果(財産の増加または減少) ← 現金200,000円の増加
    ●原因(財産増加・減少の名目) ← 売上代金として   
  2 新幹線に乗り、現金10,000円を支払った。
    ○結果(財産の増加または減少) ← 現金10,000円の減少
    ●原因(財産増加・現象の名目) ← 交通費として
================================
  考え方:「(原因)という名目」で、「財産が増加・減少」する。
================================
 仕訳は、上記のような「取引を結果と原因(名目)に分解する」ことを
前提として、記録用紙の左右に、結果と原因(名目)を並べて書くという、
記録方法です。
【仕訳の実際】
 (取引例)
 (1)商品を売り上げ、お客から現金20万円をもらった。
    ○結果(財産の増加または減少) ← 現金20万円の増加
    ●原因(財産増加・減少の名目) ← 売上代金として   
 ステップ1 仕訳帳という会計帳簿を用意する。
                   
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)          |(右)          |
 |            |            |
  ステップ2 増加した財産と金額を左に書く。
        (財産の減少の場合は、右に書く)。
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)現     金 20|(右)          |
 |____________|            |
       ↑
      記 入(1)
  ステップ3 空いた側(ここでは右側)に、その原因を書く。
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)現     金 20|(右)売     上 20|
 |            |____________|
                      ↑
                     記 入(2)
 (2) 新幹線に乗り、現金1万円を支払った。
  
    ○結果(財産の増加または減少) ← 現金1万円の減少
    ●原因(財産増加・現象の名目) ← 交通費として
 ステップ1 仕訳帳という会計帳簿を用意する。
                   
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)          |(右)          |
 |            |            |
  ステップ2 減少した財産と金額を右に書く。
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)          |(右)現     金  1|
 |             ____________|
                    ↑
                   記 入(1)
  ステップ3 空いた側(ここでは左側)に、その原因を書く。
 ・―――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)  |
 |                         |
 |            |            |
 |            |            |
 |(左)交  通  費  1|(右)現     金  1|
 |____________|            |
       ↑
      記 入(2)
 どうですか?
 原理さえわかってしまえば、以外に簡単ですよ。 
 今日の講義の最後に、練習問題をやってみましょう。
☆練習問題  次の取引を、仕訳してみましょう。
 (1)商品を売り上げて、現金300,000円を受け取った。
 (2)広告費として、現金50,000円を支払った。
 (3)商品を仕入れて、180,000円の現金を支払った。
 解答用紙(単位は円ですから、気をつけてくださいね。)
 ・――――――――――――――――――――――――――――――・
 |         仕 訳 帳   (単位:万円)       |
 |                              |
 |                              |
 |(1)の取引                        |
 |                              |
 |(左)             (右)             |
 |                              |
 |                              |
 |(2)の取引                        |
 |                              |
 |(左)             (右)             |
 |                              |
 |                              |
 |(3)の取引                        |
 |                              |
 |(左)             (右)             |
 |                              |

つづきは無料メール講座でご覧下さい。

勘定科目と仕訳の基礎 無料メール講座(全3回)
第1回 勘定科目と仕訳の意味
第2回 貸借の呼び方
第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える

メールアドレス:  

この無料メールセミナーを受講された場合、
柴山会計ラーニング(株)発行の無料メールマガジン「柴山会計レポート」および下記無料メールマガジンへ代理登録されます。
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
:http://www.mag2.com/m/0000133281.html

無料メールセミナー著者プロフィール

1965年10月27日川崎で生まれる。
血液型はAB型。
小学生の時に東京・板橋へ引越。
高校まで、軟式野球に熱中した。
埼玉大学経済学部に5年在籍。
在籍時はクラシック・ギターに没頭。
演奏会で独奏をする。

3年時の訪問販売で、営業のスキルと発想法を学ぶ。

4年時に、内定が決まっていた大手生保会社への就職を辞退して、
自らリスクを追って無職となり、
3年以内に公認会計士試験に合格すると決意し、受検生活に入る。
当時はバブル後期で、同級生の多くが大手金融機関などに就職した。
柴山自身は同期の中でマイナスからのスタート。

営業の仕事で身につけた独特のスタイルとスキルで、
勉強嫌い、大学5年在籍の状態から1992年(平成4年)に
公認会計士2次試験への合格を果たす。

1992年10月 センチュリー監査法人に入所。
1997年 6月 センチュリー監査法人を退所。
1998年 7月 一年間の個人会計事務所勤務を経て、柴山政行公認会計士事務所を開設。
当時は顧客ゼロからスタート。
2000年前後 会計事務所、会計コンサルティング、講師業の3つを事業の柱として、スタッフなしの一人体制で3年目に初年度の年商280万円から1800万円へと、いっきに6倍強へと売上を増加させた。

事業の撤退を自ら体験するために、たいやき屋を短期間で運営したことがある。当時、食品衛生責任者の資格を取得。

2004年 4月 合資会社柴山会計ソリューションを設立。以降、本格的にインターネット事業に乗り出す。
ホームページを独学で作成し、初年度より売上実績を作る。

同年、メールマガジンを2本創刊する。
「5分で完結!小学生でもわかる簿記入門」
「時事問題で楽しくマスター!使える会計知識」

メールマガジンは、最大で読者数5万5千人となる。

2006年 4月 雑誌「プレジデント」にて、「会計考現学」の連載をスタート(現在も執筆中)。
2008年 9月 「Google経済学」を執筆。5万部のヒットとなる。
2009年~2012年 毎年著書を発表し、20冊の書籍数を超える。
2011年 5月 NHK「仕事ハッケン伝」に出演。
2012年 4月 TBS「朝ズバ!」に柴山のコメントと著書が出る。
2013年 6月 会計事務所が創立15周年を迎える。

著書 約30冊

  • 銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?(潮出版社)
  • Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~
    (フォレスト出版)
  • 半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか―お金は裏でこう動く(幻冬舎)
  • 「餃子の王将」決算書で、儲けのポイントがサクッとわかる(光文社)
  • 儲かる会社に変わる「バランスシート」革命(光文社)
  • 一目で見抜く!財務諸表解読法―ざっくり押さえて仕事に役立つ会計の本
    (秀和システム)
  • 銀座を歩けば経済がわかる!(フォレスト出版)
  • グーグル会計学(フォレスト出版)
  • サバイバル会計学(PHP研究所)
  • できる人の「会計思考」入門(三笠書房)
  • トラの子を増やす決算書の読み方(中央経済社)
  • フリーランス&個人事業主のための「確定申告」(技術評論社)
  • 電子書籍「不況を生き抜く生活の知恵 公認会計士が教える裏会計学」
    (バレーフィールド)
  • ストーリーで頭に入る日商簿記3級超入門(エクスナレッジ)
  • ラクラク突破 ストーリーで頭に入る日商簿記3級合格一直線(エクスナレッジ)
  • 日商簿記受験生のための 簿記単 あいまいな用語がすぐ分かる (とりい書房)
  • 試験攻略入門塾 速習! 日商簿記3級(中央経済社)
  • ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記
    (日本能率協会マネジメントセンター)
  • 3時間でわかる簿記入門(早稲田経営出版)
  • 3時間でわかる原価計算入門(早稲田経営出版)
  • 3時間でわかる会計学入門(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記対策講座講座(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記2級講座商業簿記(早稲田経営出版)
  • 最短でうかる!日商簿記2級講座工業簿記(早稲田経営出版)
  • 最新原価計算の基本と仕組みがよーくわかる本(秀和システム)
  • 最新減価償却の基本と仕組みがよーくわかる本(秀和システム)
  • 出る順問題集 日商簿記3級(中経出版)
勘定科目と仕訳の基礎 無料メール講座(全3回)
第1回 勘定科目と仕訳の意味
第2回 貸借の呼び方
第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える

メールアドレス:  

この無料メールセミナーを受講された場合、
柴山会計ラーニング(株)発行の無料メールマガジン「柴山会計レポート」および下記無料メールマガジンへ代理登録されます。
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
:http://www.mag2.com/m/0000133281.html

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索