お問い合わせはこちらから

顧問税理士を変更する際の注意点とは?


※こちらの動画でも解説しています。

 

顧問税理士の変更を考えていませんか?

「顧問税理士を変更したい」と考えること、経営者の方にはあるのではないでしょうか。

やはり、会計事務所や顧問税理士に対して不満を感じていることが、もっとも大きな理由でしょう。

・会計事務所の所長も担当者も、まったく顔を出してくれない、といったコミュニケーション不足の問題。

・対応が遅い、サービス内容が物足りないなどの不満

・税務調査での対応への不満からくる税務能力への不信感

など、さまざまな不満要因があると思います。

では、顧問税理士を変更する際、どのようなことを重視すればいいのでしょうか?

また、注意するべきポイントは何でしょうか?
 
 

顧問税理士を変更する際の重要ポイント

顧問税理士を変更したいからといって、すぐに契約解除をするのはお勧めしません。

実際に変更をする前に、まずはワンチャンスを与え、相手の反応を見るのがいいと思います。

たとえば、現在の担当者に不満がある場合は、それを正直に率直に伝えます。

そうしたクレームに対して、先方がどのような対応をしてくれるのかをチェックすることが大切です。

その際、重要なのは「スピード」です。

会計事務所の所長が対応してくれるのか、担当者が来てくれるのか、何かしらのリアクションがあるはずです。

具体的な改善点の提案があるかもしれません。

そうした対応までの速さはどうでしょうか?

すぐに対応してくれるのであれば、契約継続の検討をしてもいいでしょう。

しかし、対応が遅ければ、これは問題です。

近年では、企業の危機管理が問題になるケースが増えています。

不祥事に対する記者会見での不適切発言や対応のまずさのために、さらに批判を受けて「炎上する」といったケースを報道などを通じてご存知の方も多いと思います。

危機管理対応に優れた企業は、クレーム対応が適切で、迅速です。

これは、会計事務所でも同様です。

会計事務所としては、電話等でクレームの連絡が入ったら、まずはとにかく、すぐに顧問先に伺う。

適切には、クレームのあった当日、遅くても翌日には顧問先に伺うことが大切です。

たとえば、夜遅くにクレームが入った場合などは顧問先の都合などもありますから別ですが、業務時間内であれば、その日のうちに顧問先に伺い対応できるのが優れた会計事務所です。

大目に見ても、翌日の朝一の対応までが許される期限でしょう。

ちなみに、私の会計事務所では、当日に伺うように職員たちには指導しています。
 
 

対応の速さは優先順位の高さの現れ

会計事務所のクレーム対応の速さは、そのままあなたの優先順位の高さを表しています。

仮に、会計事務所として大切な顧問先であれば、すぐに対応するでしょう。

つまり、対応が遅いということは、あなたの優先順位が低いことの証拠になります。

会計事務所の所長や責任者などが当日中に対応してくれるのであれば、契約の継続をしてもいいと思います。

こうした迅速な対応をしてくれないのであれば、経営者の方としては迷わず顧問税理士契約を解除していいでしょう。

そもそも、時間にルーズなことは問題ですし、あなたのことを重視していないからです。

これは、仕入れ先など他の取引先の場合でも同じことがいえます。
 
 

いい会計事務所の条件とは?

では、新たな顧問税理士と契約する際の注意ポイントとしては、どのようなものがあるでしょうか。

私が考える「いい顧問税理士」の条件は、大きく次の3点です。

・時間に厳しく、正確である

・雰囲気が明るい

・予測ができる

これらを参考にしながら、あなたを尊重し、大切にしてくれる、いい会計事務所を選んでください。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索