お問い合わせはこちらから

原材料の価格高騰と新製法によるコスト削減の関係

merumaga2011.5.5.bmp
(設例) A製品100個を作るためには、甲材料を10,000?必要としていた。
     前期の甲材料の価格は1?あたり100円であったが、最近の
     新興国による需要増大を背景に、甲材料の単価が40%値上がり
     するという観測がなされた。
     そこで、この価格高騰に対応するべく、新製法が開発され、
     甲材料の発酵過程でまったく新しい発酵菌を用いることで、
     従来の生産効率を維持したまま原材料の使用量を50%カット
     することに成功した。
     以上により、A製品100個の生産にともなう標準材料費は、
     1,000,000円から700,000円と30%削減できる見込みである。
(味の素、新製法の導入で原料費3割削減の報道(日本経済新聞2011.5.3)の説明用に作成)

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索