お問い合わせはこちらから

米系コンサル会社がビジネス書出版ファンド設置(2007.2.19)

さて、時事問題です。
日経新聞2月12日の記事を見ると、9面に面白い話が
書かれていました。
米系のコンサルティング会社アーサー・D・リトル・ジャパンが、
ファンドを作って、そのファンドを事業主体とした出版事業に
着手する、とのことです。


出版事業については、私も興味があって、ちょっとだけ調べた
時期がありました。
私の場合は、雑誌を発行できないかと思い、雑誌創刊の
許認可、準備、必要な資本などについてちょこっとですが
調べたところ、現在はかなり発行社数が多くて、新規参入は
むずかしいんだな?、というところで話が止まってます。
このように、雑誌の例でも思ったのですが、
出版事業は伝統もあるし、供給業者の数も多いし、
直接参入は難しいだろうな、という印象です。
それが関係してかどうかはわかりませんが、記事によると、
この米系コンサル会社さんは、ビジネス書を1タイトル
出すごとに1ファンドを作るのだそうです。
手始めに、第1弾として、2月下旬に発売予定のビジネス書
を出版するためのファンド(570万円)を設け、
出版社に出版作業を委託、全国に販売するとのことです。
実際にはどうかわかりませんが、
もしも匿名組合形式なら、出資者は有限責任なので、
出資額の範囲でリスクが限定されます(万が一事業が失敗しても、
出資額を超えて債務の返済責任を問われることはない)。
このファンド、年に5本程度作る予定とのことですが、
ケーススタディーとしては、興味深いところですね。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索