お問い合わせはこちらから

減価償却という手続で、お金がたまる?減価償却の財務効果

会社は、事業活動で利用するために、建物、機械装置、車両、備品、土地などの設備を購入します。
これら、企業が事業のために長期間使うような資産のことを、
固定資産といいますね。
ここで、固定資産の内容について、基礎知識の確認です。
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
             |
   (固定資産)    |
    有形固定資産   |
     建物及び付属設備|
     構築物     |
     機械装置    |
     車両運搬具   |
     工具器具備品  |
    無形固定資産   |
     のれん     |
     ソフトウェア  |
    投資その他の資産 |
     投資有価証券  |
     子会社株式   |
     長期貸付金   |
     敷金保証金   |
       :     |
上記のように、固定資産には、有形のもの、
無形のもの、投資その他の種類に属するもの、の
3種類があります。
今回は、有形固定資産について、
見ていきます。
有形固定資産の具体例を、もうちょっと
詳しく確認すると、次のようになります。


●建物    本社ビル
       工場
       倉庫
    
●構築物   へい、道路、看板など
●機械装置  半導体の製造設備
       ノコギリ盤
       切断機など
●車両運搬具 営業用車両
       トラック
       フォークリフトなど
●備品    事務机、キャビネット
       応接セット
       パソコンなど
上記のようなものは、それぞれ、
「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」という法令で、
決められています。
たとえば、鉄筋コンクリート造りの事務所などの建物は、
50年かけて、少しずつ評価を下げていきます。
また、パソコンで、普通に使うものは4年で価値がほとんど
なくなる、というふうに仮定して、毎年の決算で少しずつ
評価を落としていきます。
これを、「減価償却」といいますね。
※減価償却などの、会計の基礎的な計算技法を
 短期でマスターするには、下記がオススメです。
「財務チャート式・超短期簿記速習法」
→ https://bokikaikei.net/03kaikei/39.html
(取引例1)A社は、返済期間5年で200万円を借り入れた。
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
    現金預金  200|
             |
   (固定資産)    |(固定負債)
    車両運搬具   ?| 長期借入金 200
             |
             |
(取引例2)A社は、200万円の資金でパソコンを
      10台購入した。
      パソコンの耐用年数(見込まれる寿命)は
      4年だった。
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
    現金預金    0|
             |
   (固定資産)    |(固定負債)
    備品    200| 長期借入金 200
     (4年で償却) |  (5年で返済)
             |
(取引3)1年間で、100万円を売上げ、現金を受取った。
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
    現金預金 ※100|
             |
   (固定資産)    |(固定負債)
    備品    200| 長期借入金 200
     (4年で償却) |  (5年で返済)
             |
             |(純資産)
             |
             | 利益剰余金※100
                      ↑
                      ↑
            P/L       ↑
        ―――――――――――   ↑
        売 上 高   100→→→・
        減価償却費     ?
さて、一年後に、長期借入金の5分の1、すなわち40万円を返済
したいところですが、上記の売上による利益100万円を、
税率40%で税金でもっていかれ、さらに、残った60万円を全部
株主に配当で持っていかれたら、返済に困ってしまいますよね。
そこで、下記のような、減価償却という費用計上の決算テクニックが
重要となるわけです。
(取引4)1年後の決算で、A社は、パソコンの耐用年数を
     4年、残存価額20万円(取得原価200万円の
     10%の処分価値を見込む)で、減価償却した。
     計算方法は、定額法による。
     ※毎期一定額を計上…(200?20)÷4年
               =▲45万円/年
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
    現金預金 ※100|
             |
   (固定資産)    |(固定負債)
    備品    200| 長期借入金 200
    減価償却 ▲ 45|  (5年で返済)
    累計額      |
             |(純資産)
             |
             | 利益剰余金※100
             |      ▲ 45
                      ↑
                      ↑
            P/L       ↑
        ―――――――――――   ↑
        売 上 高   100→→→・
        減価償却費  ▲ 45
                ―――
        当期純利益    55
                ===
上記ならば、かりに、残った利益55万円に対して、
●法人税等(約40%) …55×0.4=▲22万円。
●利益の全部を配当   …55?22 =▲33万円。
として、もっていかれたとしても、
まだ現金は45万円残るのが、わかりますか?
☆税金22万円と、株主への配当33万円を支払った後の
 B/SとP/L。
            B/S
   ―――――――――――――――――――――
   (流動資産)    |
    現金預金 ※ 45|
             |
   (固定資産)    |(固定負債)
    備品    200| 長期借入金 200
    減価償却 ▲ 45|  (5年で返済)
    累計額   ―――|
          155|(純資産)
             |
             | 利益剰余金※100
             |      ▲ 45
             |      ▲ 22 法人税等
             |      ▲ 33 配当金
             |       ―――
             |         0←←・
          ―――|       ―――  ↑   
       計  200|     計 200  ↑
          ===        ===  ↑
                          ↑
            P/L        ・→→・
        ―――――――――――    ↑
        売 上 高   100    ↑
        減価償却費  ▲ 45    ↑
                ―――    ↑
        税引き前の利益  55    ↑
                       ↑
     ☆1→法人税等   ▲ 22    ↑
                ―――    ↑
        当期純利益    33    ↑
                ===    ↑
                       ↑
                       ↑
     ☆2→配当金支出   ▲33    ↑
                ―――    ↑
        B/S残高     0→→→→・
       (利益剰余金)  ===
…いかがですか?
ちょっと、遠回りしましたが、
備品の評価を、減価償却という手続で45万円だけ
削ったことにより、現金預金が45万円、税金にも配当にも
もっていかれず、社外流出を免れていますね。
このように、設備の評価を、毎年、一定の計算方法で
減額していくことにより、税・配当の社外流出を防ぐ手続を、
「減価償却」というのですね。
ここにいたって、めでたく、長期借入金の1年分の返済額、
200万円÷5年=40万円を支払うことができましたね。
なお、ここで参考知識です。
設備などの有形固定資産は、
寿命が来たら、ほとんど価値がないです。
だから、たとえば200万円で買ったパソコン10台も、
耐用年数の4年が来たら、ほぼ価値は0円にちかくなる
はずですが、税法の規定では、4年目に残存価値が10%
になるよう、償却計算しなければなりません。
つまり、200万円×10%=20万円は、価値があるとして
評価額をB/S上残し、200万円×90%=180万円だけ
4年間に配分して、各年度180÷4=45万円で費用化しなさい、
といっています。
==========
(参考)
さらに、税務上は、耐用年数(ここでは4年)が経過した後も、
使用し続けている場合には、さらに5%の残存価値になるまでは、
償却を続けてもよい、とされています。
結論としては、
「耐用年数が来た時点=10%まで費用化(資金留保)OK」
「耐用年数経過後  = 5%まで費用化(資金留保)OK」
ということです。
この、最大95%(残存価値5%)については、
国際的に100%(全額)償却が標準であるから、
そのレベルからすると、自己金融(財務)効果がまだ弱い、
==========
上記のように、減価償却費という「支出を伴わない費用」の
計上が、会社の資金繰りを楽にするような効果を、
「減価償却の財務的効果」
といいます。
大事な会計上のメリットなので、ぜひ、この機会に
しっかりと覚えてくださいませ。
とされる議論が、従来からあります。
==========
上記のように、減価償却費という「支出を伴わない費用」の
計上が、会社の資金繰りを楽にするような効果を、
「減価償却の財務的効果」
といいます。
大事な会計上のメリットなので、ぜひ、この機会に
しっかりと覚えてくださいませ。
→ 仕事に使える決算書の基本を徹底的にマスターするためのDVD講座

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索