お問い合わせはこちらから

配当を払う側の会計表示、もらう側の会計表示

5月1日に施行された会社法では、利益の配当は、
「剰余金(じょうよきん)の分配」と呼ばれています。
いずれにせよ、「企業が営業活動で稼いだ利益のストックや自己株式
の売却で得た余剰金などを、株主に還元する(返還する)」という
ことです。
「お金を運用させてくれて、ありがとう!」というお礼ですね。
この剰余金の分配は、これからは、年二回に限定されること無く、
3回でも4回でも実施できます。
とくに上場企業の配当政策が、これからどのように変わっていくか、
興味のあるところです。
ところで、配当金を企業から株主へ支払われた時、その処理は、
決算書のどこに現われるのでしょうか。
「配当を払う側」と、「配当をもらう側」に分けて、見ていきましょう。
1.配当を払う側(単位:万円)
      バランスシート             損益計算書
 ―――――――――――――――――――   ――――――――――
 現金預金 △100|               影響なし
          |
          |                ――――――
          |利益剰余金△100       
          |                ======


このように、配当を支払う側では、バランスシートの左側(借方)で
現金がマイナスされ、同時に、バランスシートの右側(貸方)で
利益剰余金という項目が、直接、同額だけマイナスされます。
上記は、100万円の配当を支払った、というケースですね。
損益計算書にはまったく記載がされず、業績には影響しないという点に
ご注意ください。
つまり、配当金の支払いは、「損益確定後の利益の事後的な分配」
であり、「業績計算上、売上獲得に貢献する必要経費ではない」という
見解に立っています。
たしかに、損益計算上の費用は、広告費にしても、従業員の給料に
しても、売上を上げるなどの企業の日常活動に貢献するコストです。
この点、配当というのは、株主に払うものであり、利益の計算要素と
いうよりは、利益計算後の事後処理項目としての性質を持っている、
というわけなのです。
2.配当をもらう側の処理(単位:円)
      バランスシート             損益計算書
 ―――――――――――――――――――   ――――――――――
 現金預金 +100|              :
          |            営業外収益 +100
          |              :
          |                ――――――
          |利益剰余金+100 ←←当期純利益 +100
          |                ======
このように、配当金をもらう側では、株式投資(財務活動)の成果として
配当をもらったと考え、損益計算書上は、「営業外収益」という区分で
表示されます。
もらう側では、配当の受取額を業績の計算過程に組み込む、
というところが面白いですね。
→ 日商簿記検定1級短期マスター講座

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索