お問い合わせはこちらから

NTTの大幅増配と、みずほの500円増配。(2006.5.1)

ゴールデンウィーク中の5月3日・1面の日経記事に、
配当に関する話題が2つ出ていました(関連記事が3面にも)。
2006年3月期も、引き続き企業業績が好調であることを
示す象徴的な話題ですね。
まずは、NTTです。
2007年3月期の年間配当を8000円?9000円と
前期(6千円)より3割から5割の増加をする可能性が高い、
とのことです。
これまでは、NTTの株主利益還元策としては、
自社株買いによる方法が多かったのですが、
その背景には、政府が保有していた株式の放出による
需給バランス悪化を緩和する狙いもありました。
しかしながら、ここにきて政府保有株の売却が一段落し、
株主への利益還元として配当を強化するという方針への
転換が見て取れます。


なお、5月9日現在の
NTTの配当利回り(1株あたり配当/株価)は、
(6000円/532000円)×100≒1.12…%でした。
これが、もしも9000円の配当になれば、
配当利回りは(9000円/532000円)×100≒1.69…%に
上昇しますね。
配当利回り1.5%以上は、今時、なかなかの魅力です。
つぎに、みずほフィナンシャルグループが、2006年3月期の
年間配当を4000円とし、従来計画より500円増配する、との
方針が明らかにされました。
本業の回復により、連結最終利益が過去最高を記録したようで、
その結果、株主への利益還元を強化することになりそうです。
連続の増配です。
なお、みずほの株価は、上記の新聞記事を好感したのか、
前日比3.06%アップの101万円の取引値となりました。
そういえば、NTTも前日比で4.31%も株価を上昇させ、
532000円としましたね。
増配の報道は、株価上昇の有力な材料といえます。
→ チャート式・最新会計基準120分速習講座 2009年版

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索