お問い合わせはこちらから

商品が傷んだ場合のP/L表示の違い「売上値引 VS 商品の廃棄損」

損益計算書(P/L)のフォームを、まずは復習しましょう。
                損益計算書   (単位:億円)  
      ―――――――――――――――――――――――――  
      1売  上  高             960   
      2売 上 原 価             660(?) 
                 ――――――――――――――
          売 上 総 利 益          300
      3販売費及び一般管理費          180(?) 
                 ――――――――――――――  
          営 業 利 益          120   
      4営 業 外 収 益              30   
      5営 業 外 費 用              54(?) 
                 ――――――――――――――  
          経 常 利 益           96   
      6特 別 利 益              10   
      7特 別 損 失              62(?) 
                 ――――――――――――――  
         税引前当期純利益           44   
         法人税、住民税及び事業税       20   
                 ――――――――――――――  
          当 期 純 利 益           24   
                 ==============
ここで、売上高は、「商品の販売額」を表し、売上原価は「販売した商品の
仕入原価」を表すのだ、ということは、よろしいですね。


つまり、売上高?売上原価=粗利益になるわけです。
これが、もっとも基本的な、商品から得られる利益です。
ちなみに、上記の例でいくと、960?660=300億円になりますね。
粗利率は、300/960=31.25%です。
これは、日本の全業種平均からすると、少し低いくらいかな、という感じです。
まあ、常識的な範囲ともいえます。
ところで、たとえば、スーパーや食料品店で、店頭に並べた商品について考え
てみましょう。
時間が経つにつれて品質が落ちてきますよね。
すると、その商品は、通常、次のどちらかの顛末をたどることになります。
(パターン1)値引して売られる。
(パターン2)廃棄される。
上記のパターン1、つまり売価を下げる、という行為は、いわば「売上の一部
取り消し」ですよね。
したがいまして、P/L上は、「売上高」の金額を構成する金額から直接控除
されます。
           損益計算書   (単位:億円)  
 ―――――――――――――――――――――――――  
 1売  上  高             ××× ← 売上値引
 2売 上 原 価             ◎◎◎ 
            ――――――――――――――
     売 上 総 利 益          □□□
つぎに、パターン2の廃棄は、棚卸資産の数量的な減少です。
実務的には、棚卸差損、商品廃棄損など、様々な名称で呼ばれるものです。
簿記的には、棚卸減耗費が最も近い科目名でしょう。
つまり、帳簿上の期末在庫に対し、盗難や紛失等の理由で実地数量が減少する
さいの数量減少分ですから、次の2つの解釈が成り立ちます。
ここでは、毎期生じる程度の、経常的(=正常)な廃棄としましょう。
(1)仕入コストの追加と考え、売上原価に加算する。
(2)販売活動の一環から生じる費用と考え、販売費に加える。
           損益計算書   (単位:億円)  
 ―――――――――――――――――――――――――  
 1売  上  高             ××× 
 2売 上 原 価             ◎◎◎ ← 廃棄損(1)
            ――――――――――――――
     売 上 総 利 益          □□□
 3販売費及び一般管理費          ●●● ← 廃棄損(2)
            ――――――――――――――
     営 業 利 益          ◇◇◇
こうやってみると、棚卸資産の数量的な減少を、売上原価として処理するか、
販売費として処理するかによって、売上総利益の額に差が生じることになり
ますね。
だから、会社の経理方針は、各段階の利益を変化させかねないので、慎重に
決定したいものです。
→ 決算書の読み方と使い方分かるDVD講座

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索