お問い合わせはこちらから

東武ストアの純利益55%増は粗利率の改善が一因(日経2005.6.3

東武ストアは、6月29日、2005年3?5月期の四半期業績を発表しました。
それによると、前年同期比で、連結売上高は横ばいの197億円でしたが、
営業利益が11.0%も増加した4億3千7百万円となっています。
ちなみに、前年同期における営業利益は3億9千3百万円でした。
当期純利益に至っては、前年同期の1億9千万円を55%上回る2億9千4百
万円を記録しています。


東武ストアのホームページを拝見すると、経営成績(連結)の進捗状況に関する
定性的情報等において、高品質・高鮮度の食品の多彩な品揃えと共に、
値引ロス・廃棄ロス削減の改善が奏功したという印象を、受けました。
確かに、値引ロスは売上の減少要因、廃棄ロスは売上原価のかさ上げ要因と
なり得るものですから、これらのロスを低く抑えることにより、P/L上の
利益率を高めることは、充分に可能となりますよね。
このように、P/Lの各項目について、細かいところをチェックしていくと、
経営改善の効果が数字に現われたりするものなのです。
→ 日商簿記検定1級短期マスター講座

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索