お問い合わせはこちらから

国内自動車大手3社の業績比較

日経2007年5月10日の1面で報じられたとおり、トヨタの営業利益が2兆円を超えました。
これは、日本企業で初の大台ということで、一つの快挙です。
さて、同じく日本で大手として称されるホンダと日産はどうかというと、こちらは
営業利益的にはやや苦戦しています。
そのあたりを、下記の表とグラフでご確認下さい。


上記を見ると、
○ホンダと日産は、ほぼ同じ規模で、2位、3位の地位を争っている。
○ホンダ、日産は、いずれも売上高は増加している。
○ホンダ、日産は、営業利益が減少し、その結果、営業利益率も
 7%台と、前期の約9%から1%以上悪化した。
○それに比較して、トヨタは、むしろ営業利益率を9.35%と
 増加させ、他の2社の利益率を大きく引き離した。
ここで面白いのが、
ホンダと日産の売上高の合計(110,871+104,685=215,556億円)は、トヨタの239,480億円に近い水準(90.0%)ですが、営業利益でみると、ホンダ8,518+日産7,769=16,287億円は、トヨタの22,386億円に比べ、72.7%の水準と、ずいぶん低くなります。
2006年3月期は必ずしもそうではないのですが、2007年3月期に関しては、下記の状況にやや近くなっているのかな、と思います。
「業界トップは、2位、3位よりも、シェアで強い立場を確立しているだけに、利益性の面で、いきおい有利な状況になりやすい」
ということは、一般論としては、考えることができるかもしれません。
「一番」は、文字通り、一番おいしいところを取りやすいということが、時としていえますよね。
■トヨタ他の業績について、下記の会員制CDセミナー6/20号
 でも、詳しく解説していきます!
https://bokikaikei.net/01cd/36.html
※本ページは、公表されているデータをもとに、筆者の一見解を示しているに過ぎません。
 一定の事実を保証するものではないので、ご注意下さい。
 一切の損害等につき、責任は終えませんので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索