お問い合わせはこちらから

日本航空営業利益の推移


上記は、日本航空における、12カ月累積売上高と12カ月累積営業利益の推移です。
決算短信と四半期報告を参考に、エクセルでデータ加工してみました。
過去3年にわたって累積売上高を見ると、一本調子で上昇しているのがわかりますね。
新聞報道で業績不振が言われている割には、なぜか売上高が12四半期連続で前年同期比増です。
営業利益は、最近、ずっと水面下(赤字)なのですが…
それと、2007年3月の決算見込みでは、営業利益がマイナスからぴょーんとプラスに
転じるように見受けられます。
「第4四半期にがんばるぞ!」ということなのでしょう。
かなりの努力が必要だと思いますが、ぜひ、がんばってほしいですね。
ただ、これまでの直近の推移を見ると、やはり監査法人の言うとおり、「繰延税金資産を将来回収するだけの収益力を期待するのは、まだ難しい」と言う判断も、ある意味、いたしかたないのかな、と思います。
ちなみに、2004年9月の、営業利益急上昇が、正直申しまして、やや不自然な印象を受けます。
なにかあったのでしょうか…
2003年6 9月:売上高5456億円、営業利益284億円
(営業利益率5.2%)
2004年6 9月:売上高5964億円、営業利益1171億円
                  (営業利益率19.6%)
上記の営業利益率の3.7倍増は、常識としては、通常、ありえないような変動です。
なお、2004年9月期前後の第一、第三、第四四半期は、すべて赤字です。不思議ですよね 。
どんな経理がなされたのか、私が株主なら、JALの担当の方に、ちょっと聞いてみたいところです。
■JALの業績について、下記の会員制CDセミナー6/20号
 でも、詳しく解説していきます!
https://bokikaikei.net/01cd/36.html
(注)本見解は、JALのホームページにおける決算発表資料にもとづいて、知りうる範囲で述べたものです。
   一定の事実を保証するものではないので、ご注意下さい。
   一切の損害等につき、責任は負えませんので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索