お問い合わせはこちらから

米国大手企業の役員報酬事情

■米企業で経営者報酬に対する風当たりが激化
2007年5月14日(月)の日経7面では、
新たな興味深い動きがでています。
ブロックバスターなどの米大手企業において、
経営者報酬を株主の承認事項にする旨の
提案が、今年の株主総会で急増している、
との記事がでていました。
同様の提案が、昨年では7社だったのが、
今年は40社を超える見込みだそうです。
ここで、ひとつ、役員報酬の事例として、
日経新聞の記事から数字を引用いたしますと、
●ウォルマート・ストアーズのCEO
  …3000万ドル(120円換算で36億円)
●ウォルマート・ストアーズの従業員
  …時給10ドル強(120円換算で時給1200円)
だそうです。
さらに、ウォルマート・ストアーズの従業員の
時給10ドル(約1200円)を参考に、年間の収入を
推参しますと、基本給部分で、年間2000時間労働
だとすれば、12か月分の基本給で
1200円×2000時間=240万円
月の基本給が、おおむね20万円くらい、という
仮定になりますね。
そして、ボーナスが年に4カ月支給されると
仮定するならば、
20万円×4カ月=80万円プラスで、
合計の推定年収は、
240万円+80万円=320万円となります。
…うーん、新入社員の年収としてなら、
まだわかる気がしますが、
実際は、残業代とか、他の諸手当とかもはいる
でしょうから、400万円くらいにはなるのでしょうか。
こうかんがえると、すごく大雑把ですが、
●CEO…年の報酬36億円
●従業員…年収400万円
その差は、900倍です。
恐るべし、ですね。
ちなみに、日経の同記事によると、
米大手企業500社のCEOの平均報酬額は、
約1500万ドルで、120円換算なら18億円が
平均だそうです。
従業員の約400倍とのことです。
(18億円÷400=450万円で年収換算してますね、おそらく。)
日本企業の役員から見たら、
うらやましいような、腹立たしいような気分かも
しれません。
日本の役員報酬と従業員給料に、これほどの差が
あるかな 、と考えてみたら、
所得格差の現状は、日本よりも
すごい、という気がしてきますね。
上記の興味深い賃金事情を、
下記の会員制CDセミナーでも、
詳しく柴山が解説いたします!
会員制CD⇒ https://bokikaikei.net/01cd/36.html
教材セット⇒ https://bokikaikei.net/23set/index.html
※本ページは、公表されているデータをもとに、
 筆者の一見解を示しているに過ぎません。
 一定の事実を保証するものではないので、ご注意下さい。
 一切の損害等につき、責任は終えませんので、
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索