お問い合わせはこちらから

設立後の増資(細かい記帳法)

設立後の増資(細かい記帳法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               lesson.18
  ★ 5分で完結!中学生でもわかる簿記入門 ★(読者2203人)
                               2005.10.12
   関連HP  https://bokikaikei.net/          [毎週 水曜日]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ※ 図が見にくい方は、「等幅フォント」でご覧下さい。 _(・ω・)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<仕訳61> 設立後の増資(細かい記帳法)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 上記の<仕訳60>では、払込み時と資本金増加時が、あたかも同時であるか
のようにみなして、簡単に一括で仕訳する方法でした。
 しかし、実際に、増資とは、一定の期間をもって株主を募り、出資者からの
払込みを受け、募集期間の最終日の翌日に、その払込額を「資本金」として
確定することができるのです。
 つまり、法的に、増資が「資本金」として認められるのは、払込期日の翌日
ということになります。
 よって、募集期間中に、払い込まれた額(「別段預金」勘定とする)は、
まだ「資本金」としては認められない額なので、その間、銀行から引出すこと
はできません。
  募集開始            払込期日
    |―――――――――――――――|――――――→
           ↑         ↑
          募集期間       払込期日の翌日
———————————————————————
 ★ステップ1<募集期間中>
      払込期日までの出資者からの払込金は、「別段預金」(資産)
      とし、それを「株式申込証拠金」(資本)として記帳する。
      (借)別 段 預 金   A(貸)株式申込証拠金   A
          (資産+)         (資本+)
———————————————————————
 ★ステップ2<払込期日の翌日>
      払込期日の翌日に、「資本金」として法的に有効となるので、
      「別段預金」を「当座預金」に振り替えるとともに、
      「株式申込証拠金」を「資本金」と「株式払込剰余金」に
      振り替える。
      (借)株式払込証拠金   A(貸)資  本  金   B
                       株式払込剰余金 A B
         当 座 預 金   A   別 段 預 金   A
———————————————————————
【練習】:::::::::::::::::::::::::::::::
  会社は、新たに100株の株式を発行し、払込みを受けていた。
 発行価額は1株5万円であり、商法規定の最低額を、資本金に組み入れる。
 なお、この額を、別段預金勘定および株式申込証拠金勘定で処理していた。
 本日、払込期日の翌日となったので、適正に処理する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
【答え】単位:万円
 (借)株式払込証拠金  500 (貸)資  本  金  250
                    株式払込剰余金  250
    当 座 預 金  500    別 段 預 金  500
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制セミナー」 → https://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ https://bokikaikei.net/04jirei/66.html

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索