お問い合わせはこちらから

かしこい株式投資 決算書で年利20%を目指す

『かしこい株式投資 決算書で年利20%を目指す 』(ID:0000159911) 読者登録解除フォーム
(無料) メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム 


 




解除フォーム 


     





■新着情報! 2005.11.9現在の、選定実績です!運用益1,619,800円。運用利回り29.94%!



現在の日時:11月 10日 7:25 — 日本の証券市場はあと1 時間 35 分で開始します。




kabusikimeru.PNG


今から5年以上前の話です。



一度、財務分析の知識を使って、小遣い稼ぎの感覚で、ある家電会社の株を購入しました。



正確なところは忘れましたが、たしか、1株約70円で、2000株ほど買った記憶があります。

金額にして、14万円程度です。

そして、買った当初は、毎日のように日経新聞の株式欄を見て、上がった、下がったといっては

一喜一憂していました。



しかし、もともと熱しやすく冷めやすい(?)性格もあって、そのうち、買ったことを忘れ、

一年以上放っておいたのでした。



それが、一年半も経ったある日、ふと新聞の株価を見てみると、いつのまにか1株140円ぐらい

にまで上がっていました。



一年半前の仮説どおりに、そのときは株価が上昇しました。

私の予想では、長期的な分析手法だったことから、2年はかかるかと思っていたので、ちょっと

驚きでした。



おかげで、1年半で元本の2倍のささやかな利益を手にすることができました。

ただ、そのときは一度だけの投資だったので、偶然だったのかもしれません。





そして、それから何年も経った現在。



2004年の好況を背景に、株式市場は活況を取り戻し、ちまたの本屋さんには、

「株のデイトレードで○○億円儲けた!」式の書籍が、ところせましと並ぶようになりました。



それらによると、「テクニカル分析」とか、「5分チャート」とかが、これからの株式投資には

重要で、もはや、四季報や会社の決算に基づいた株式投資が不要であるかの論調も、

少なくありません。



たしかに、結果を数年間出し続けた方の言葉には、説得力がありますよね。

テクニカル分析という手法は、とても魅力的ではあります。



ですが、私はもともと証券会社にいたわけでもないし、何年にもわたって専門的なトレードの

勉強をしたわけでもありません。



多くの方は、おそらく、同じ境遇だと思います。





しかしながら、幸いなことに、私は会計については専門家です。



その経験を活かし、財務分析手法を使って銘柄選びをしてみることはできないだろうか、と

日ごろから考えていたのでした。





そこで、今回は、初の試みとして、とりあえず、私が以前の投資のときに使用した仮説に基づいて、

機械的に、全上場株から、「10銘柄」を、任意に選んでみました。



具体的には、、簡単な決算書の検討(第3ステップの簡易診断)を経て、会計理論的には、

バーゲンと思える銘柄のサンプルを、6月2日時点で10ほど選んでみたのです。

そして、それから12日経った6月13日(月)の終値が、どの程度上昇しているか、

を表にしたのが下記です。



※ なお、下記のN社(NECマシナリー)は、9万円強の資金で、柴山みずから購入しました。

  その後の最新情報は、本メルマガの最新号をご覧下さい。

  ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000159911



【3ステップのうち、2ステップをクリアーしたサンプル(上位10銘柄)】



                            ※本ページの目的は株式投資の勧誘ではありません。

                             最終的なご判断は、ご自身の責任で、よろしくお願いいたします。

























































































会社名 2005.6.1の終値(円) 2005.6.20の終値(円) 値上り率
D社 281,000 286,000 1.78
A社 614 712 15.96
P社 665 685 3.01
A社 600 885 47.50
T社 3,530 3,670 3.97
S社 63,500 62,700 ▲1.26
N社 920 923 0.33
T社 466 493 5.79
J社 392 430 9.69
T社 347 358 3.17
単純平均 8.994

 10銘柄で、22日後は9勝1敗、という途中経過になりますでしょうか。

 なお、すでに50%近くあげている株もあるのですから、驚きですね


※ 単純平均の増減率8.994%は、10銘柄の増減率を単純に合算して、

  それを10で割った数値です。

   いいかえれば、上記の10社の株を、たとえば仮に10万円ずつ購入して

   100万円投資したとすれば、20日後に、約9万円の含み益になっている、

   というイメージです。(ただし、売買手数料と税金は考慮していません。)

   10銘柄程度の分散投資をすると、8割以上の勝率ならば、全体として、

   パフォーマンスがかなり良いほうで安定しますね。



ちなみに、上記で選んだ銘柄の、財務分析から得られた今後1年間の目標値は、

2005.6.1時点の終値の1.2倍以上です。(つまり、年利20%以上ですね!)

この目標を達成する銘柄が何社出てくるのか、個人的には期待しています。



(なお、 もしも「いい方に化ける」ことができれば、数年前、私が体験したときのように、

 いずれ2倍以上になる、という可能性も秘めているはずです。)





そして、



6月中旬にまぐまぐから配信される予定の



無料メールマガジン「素人の株式投資日記」
では、



隔週で、次の内容を、興味がもてるように配信していきます。





●上記の選定銘柄の具体的な名前と、損益の推移(以降、変更することがあります)




●これらの銘柄が財務分析の観点から選ばれた理由(その他の銘柄も取り上げます)



●決算書を分析した観点から、各社の財務体質、将来性についての独自の解説






いうなれば、「株式投資を実践しながら、企業財務にも強くなろう!」という、

欲張りな企画なのですね。



本メルマガは、、肩肘の張らない、誰でも定期預金の感覚で、それでいて今までより

ちょっと経済や会計のことに詳しくなりたい、という方に、ぜひ読んでいただきたいです。





             「株式投資のための財務分析」





株式投資のリターンももちろんですが、ぜひ、こちらの知識も見につけてください。


『素人の株式投資日記 決算書で年利20%を目指す 』(ID:0000159911) 読者登録解除フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。



登録フォーム






解除フォーム







まぐまぐ

『まぐまぐ!』から発行しています。




                          【注】 本ページの目的は株式投資の勧誘ではありません。

                            最終的なご判断は、ご自身の責任で、よろしくお願いいたします。


無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索