お問い合わせはこちらから

5分で完結!小学生でもわかる簿記入門

「5分で完結!小学生でもわかる簿記入門」…日商3級レベル
どちらの配信スタンドからでも、同じ内容がごらんいただけます。 お好きな方に、ご登録なさってください。
 
 
まぐまぐへの登録はこちら!


メールアドレス:




解除はこっちです。



メールアドレス:




Powered byまぐまぐ

■メールマガジン・アドレス登録melma!



両規約に同意して登録

退会










みなさん、はじめまして!

  メールマガジンの発行者、柴山政行です。

  そして、編集担当のトッピーでーす!

  専門学校で簿記・会計を教えるようになってから、

10年以上たちます。

 そのほか、監査法人での監査実務や、平成10年

に独立後、会計事務所として見聞きしたことなど、

ビジネスに使える話などを織り交ぜながら、簿記の

入門的な知識を、週に三回(月・水・金)、お届けい

たします。

 本メルマガを、ぜひぜひ、みなさまのスキルアップ

に役立ててください♪


☆サンプル(創刊号)☆

————————————————————————————–

                              lesson.001

★ 5分で完結!小学生でもわかる簿記入門 ★          

                              2004.05.24

(月・水・金の午前中配信)

————————————————————————————–



【CONTENTS】





 ○ 「簿記は、すぐれた『データ圧縮の技術』だ!」



 

 ● 「財産記帳の基本ルールを知ろう!」



————————————————————————————–

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





 みなさん、こんにちは!



 公認会計士の柴山といいます(*^_^*)



 会計事務所を経営するかたわら、専門学校で会計系の資格指導もしています。



 (あ、あと、本もいくつか書いてます…)





 ところで!



「簿記をはじめてみようと思うんだけど、どうやって勉強したらいいのか…」



「初めは、期待いっぱいではじめた勉強が、途中でくじけそうになる…」



 こんな悩み、よくありますよね!



 そこで、まずは、本メルマガで、「手軽に」簿記を知ってもらい、



ぐんぐん興味を持ってください。



 まずは、イロハのイから、順を追って一緒に勉強しましょう!



 もしかしたら、これがきっかけで、会計がどんどん好きになり、やがては



専門家として「独立開業!」なんてなったらスゴイですよね!





 …なにはともあれ、まずは楽しくはじめましょう!!





\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



 ○ 「簿記は、すぐれた『データ圧縮の技術』だ!」





 簿記とは、「個人商店や会社の日々の取引」を「2冊の帳簿」に記録し、



一年後、「2枚の決算書」に要約する手続きのことです。 





 ちなみに、個人商店のレベルで見ても、財産の増減を伴う取引の数は



ものすごいです。



 たとえば、1日10件として、月25日営業なら250件、それが12ヶ月



になれば3000件ですよ!



 この3000件以上ものデータを効率よく2冊の帳簿に書き、最後は2枚の



表(決算書)にまとめるのです。



  ――――――――――――――――――――――――――――――――

 |                                |

 |(例)年間3000件のデータ ⇒ 2冊の帳簿 ⇒ 2枚の決算書 |

 |                                |

  ――――――――――――――――――――――――――――――――



 どうです?簿記がすぐれた「データ圧縮の技術」だということが、おわかり



いただけたこととおもいます。







 

 ● 「財産記帳の基本ルールを知ろう!」



 簿記の世界では、「企業内に財産が増えた時、または減った時」に、



帳簿への記録を行います。



 たとえば、「現金を受け取った」とか、「現金を支払った」とかです。



 特定の財産の増減や取引を備忘的に(=参考として)記録する方法を、



「単式簿記」といいます。



 ☆ポイント☆ 財産の「出入り」の表現方法

             

 (例) 1 現金800円を受け取った。

     

     2 現金300円を支払った。



        

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

*                              *

*         ― 総 勘 定 元 帳 ―         *

*                              *

*                              *

*      (入り)   現   金   (出し)     *

*            *

*               |              *

*  =⇒   1  800円 | 2  300円  =⇒  *

*               |              *

*  増加           |          減少  *

*                              *

*                              *

*               ・              *

*               ・              *

*               ・              *

*                              *

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



 上記のように、T字型の集計場所の頭に、増減する「財産の名称」を



書き、増加(=入り)は左側に、減少(=出し)は右側に記入するだけ



でOKです!



 



 なお、上のようなT字の集計単位を、勘定科目といいます。



 勘定科目としては、ほかに、「預金」、「建物」、「売上」など、



日常の取引にかかわる財産や行為をあらわす単語が採用されています。





また、会社内にある勘定科目が列挙された会計用の帳簿を、



「総勘定元帳」といいます。これは、青色申告の要件ともなっている、



非常に大事な帳簿です。ぜひ、名前を覚えておきましょう。





 ◆練習問題



  次の取引を、「預金」のT字型に記入してみましょう。





 取引1 預金100万円が振り込まれた。



   2 預金240万円が入金された。



   3 預金口座から180万円が引き落とされた。





      (入り)   預   金   (出し)     

          

               |              

      1 (   )万円|3 (   )万円    

               |              

      2 (   )万円|          















 (こたえ)



     (入り)   預   金   (出し)     

          

               |              

      1 (100)万円|3 (180)万円    

               |              

      2 (240)万円|          





 ⇒ 次回は、「取引」の解釈と「複式簿記」の手法について勉強します。



   お楽しみに!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メールマガジンについてのご感想・ご意見・ご質問などがありましたら、

ぜひぜひ、およせくださいませ。

 ⇒ NQE09525@nifty.com

 発行者 合資会社 柴山会計ラーニング株式会社  代表 柴山 政行

 Mag2ID 132827

 登録・解除はこちらから⇒https://bokikaikei.net/



 このマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.com/

 を利用して発行しています。   

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索