お問い合わせはこちらから

3年続いたものは何か、考えてみよう!【前を向いて歩こう!第18回】

石の上にも3年といいますね。
何事も3年以上、コツコツ続けていると、
目を見張る結果を残せることがままあるよ、
という意味にわたしは解釈しています。
裏を返せば、「3年続けるって、けっこうしんどい」ですよね。
で、人生80年の時代にあって、
一度や二度は、3年くらい続いたものがあると、
長期的に見て、有意義な結果を持たす可能性が高いのでは
ないかな、と思うわけです。
ちなみに、最近の事例としては、柴山の場合、
平成16年(2004年)6月からはじめて、ほぼ毎週休みなく
3回くらいずつ書き続け、配信し続けているメールマガジンがあります。
52週×3回×8年なので、累計にして
1200回以上、メールマガジンを書き続けてきました。
これからも、「歯を磨くように」普通に書き続けていくんだと思います。
さすがに8年続くと、その歴史を実感することが多いですが、
なんといっても次の2点の成果が大きいです。
1.長く堅実に続けると言うこと自体が、世間様からの信用をいただける。
2.圧倒的な量稽古をこなしているので、メルマガに関しては、かなりのノウハウが蓄積されてい
る。いわゆる「○○の世界では、ちょっと負ける気がしないよ?」という状態で?す。
これは、どんなことでも言えると思うのですが、
「稽古はうそをつかない」
「量は質を凌駕する」
物量というのは、もっともシンプルかつ強大な
競争差別化の要因なのですね。
そこまでいかなくても、たとえば簿記検定の学習にせよ
習い事にせよ、とにかく「へ理屈より量稽古」という
段階は、確実にあります。
もちろん、間違った努力を数多くこなすのは逆効果なので、
ある程度の要領や、経験者からの適切な指導あってこそですが、
それでも一定量をこなすことが、いろいろな意味で重要だと思います。
この動画シリーズも、柴山にとって「量をこなして、信用・ノウハウを
より高め、さらに世間様によろこんでいただけるような会計教育を
ご提供したい」との思いから続けている所があります。
現在は70本程度ですが、それでも毎日400回からの視聴数を
いただき、とてもありがたいと思っています。
まずは100本、目指します。究極的には1000本が理想的な
ゴールですが、とにかくひとつひとつ、一緒に頑張りましょう!

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索