貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 無料動画【前を向いて歩こう】 > 3年続いたものは何か、考えてみよう!【前を向いて歩こう!第18回】

3年続いたものは何か、考えてみよう!【前を向いて歩こう!第18回】

石の上にも3年といいますね。

何事も3年以上、コツコツ続けていると、
目を見張る結果を残せることがままあるよ、
という意味にわたしは解釈しています。

裏を返せば、「3年続けるって、けっこうしんどい」ですよね。

で、人生80年の時代にあって、
一度や二度は、3年くらい続いたものがあると、
長期的に見て、有意義な結果を持たす可能性が高いのでは
ないかな、と思うわけです。

ちなみに、最近の事例としては、柴山の場合、
平成16年(2004年)6月からはじめて、ほぼ毎週休みなく
3回くらいずつ書き続け、配信し続けているメールマガジンがあります。

52週×3回×8年なので、累計にして
1200回以上、メールマガジンを書き続けてきました。

これからも、「歯を磨くように」普通に書き続けていくんだと思います。

さすがに8年続くと、その歴史を実感することが多いですが、
なんといっても次の2点の成果が大きいです。

1.長く堅実に続けると言うこと自体が、世間様からの信用をいただける。
2.圧倒的な量稽古をこなしているので、メルマガに関しては、かなりのノウハウが蓄積されてい

る。いわゆる「○○の世界では、ちょっと負ける気がしないよ?」という状態で?す。

これは、どんなことでも言えると思うのですが、
「稽古はうそをつかない」
「量は質を凌駕する」

物量というのは、もっともシンプルかつ強大な
競争差別化の要因なのですね。

そこまでいかなくても、たとえば簿記検定の学習にせよ
習い事にせよ、とにかく「へ理屈より量稽古」という
段階は、確実にあります。

もちろん、間違った努力を数多くこなすのは逆効果なので、
ある程度の要領や、経験者からの適切な指導あってこそですが、
それでも一定量をこなすことが、いろいろな意味で重要だと思います。

この動画シリーズも、柴山にとって「量をこなして、信用・ノウハウを
より高め、さらに世間様によろこんでいただけるような会計教育を
ご提供したい」との思いから続けている所があります。

現在は70本程度ですが、それでも毎日400回からの視聴数を
いただき、とてもありがたいと思っています。

まずは100本、目指します。究極的には1000本が理想的な
ゴールですが、とにかくひとつひとつ、一緒に頑張りましょう!

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座