お問い合わせはこちらから

ホンダ、ミルクランの方式で部品調達コスト削減か?

2011.3.3merumaga.JPG
上の図は、各部品メーカーから工場へ、各社の輸送手段によりバラバラに部品を治めているイメージです。
もしも300か所の仕入先があったら、単純計算で1サイクル300回の調達手続を行う必要がある、ということになりますね。
自然と、1回あたりの発注・納入量は小口になります。
いっぽう、下の図のように、工場から一回りする間に、各部品メーカーをざっと巡回して品物を調達するとして、一回りで6か所まわれると仮定するならば、全体の1サイクル当たり50回の調達手続と、事務作業が激減する可能性を秘めています。
これが毎日だとすると…。
おそらく、部品調達に係る事務手続きの設備費・人件費・その他の諸経費の節約額だけでも、かなりの影響があると思うのですが、いかがでしょうか。
もちろん、輸送量だって、小口輸送よりも大口輸送の契約の方が、平均輸送単価は大幅に下がるでしょうから、いろいろな意味で、コスト削減効果が大きそうです。
あとは、調達先との交渉がうまくいくかどうか、という問題が残っていますね。
なお、相手先を一巡して仕入れたり納品したりするやり方を、
牛乳メーカーが各牧場をまわってミルクを調達するさまにならって、
「ミルクラン」と呼んだりします。
このミルクラン方式、生産現場だけでなく、いろいろな業種(サービス業含む)で応用が利く、非常に有効なコストダウン手法ですよ。
☆本記事の内容に関する柴山の独自講義は、
「会員制セミナー」の教材として動画配信されます。
https://bokikaikei.net/2007/07/cd.html

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索