お問い合わせはこちらから

定率減税(ていりつげんぜい)

1999年に導入された恒久的減税。税額に対し所得税は20%
 (上限20万円)、住民税は15%(上限4万円)が、控除される
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
毎週 月・木・土                2004.11.1 創刊号
  10秒セミナー【話のネタに!ニュース用語】
                          (読者1310人)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 001【定率減税】 ていりつげんぜい
-—————————————————————– 
要点|
――・
   1999年に導入された恒久的減税。税額に対し所得税は20%
 (上限20万円)、住民税は15%(上限4万円)が、控除される。
-—————————————————————– 
視点|
――・
  
 定率減税は、小渕内閣の時に実施されてから6年が経過しました。
 源泉徴収票を良く見ると、20%の減税額が明記されており、人によって
は10万円以上の減税の恩恵にあずかっていたのではないでしょうか。
 これが、昨今の景況感をよりどころとして、定率減税の縮小・廃止の
議論が、最近活発になっています。
 
 来年度の税制改正には、注意をしたいところです。
 なお、恒久的減税は、単年度限りの特別減税とは違い、期限の定めの
ない減税です。
…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は、
https://bokikaikei.net/01cd/5.html
 「会員制CDセミナー」 → https://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ https://bokikaikei.net/04jirei/66.html
 …会計の基本を学んでみたい方は、「やさしい現代会計の入門講座」をどうぞ。 
   → ここをクリックしてください。

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索