貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 無料動画【前を向いて歩こう】 > 解決すべき問題を、一口サイズに切ってみよう!【前を向いて歩こう!第14回】

解決すべき問題を、一口サイズに切ってみよう!【前を向いて歩こう!第14回】

今回のテーマは、
「解決すべき問題を、一口サイズに切ってみよう!」
です。

たとえば「顧客満足を大事にしなさい」とか、
「お客様の目線で考え、行動しなさい」とか言われても、
具体的にどのような行動を取るべきか、という細かい部分に
なると、どうしても各個人の感性とか経験などに依存しがちです。
そうなると、各人の行動はばらばらとなり、指示する側の期待する
効果は、なかなか得られないですね。

さらに、指示・評価する側も、そもそも指導している内容が
抽象的でどうとでも発展しうるものですから、
評価するのが難しくなります。
いきおい、上司の好みとか勘などといった不確かな
判断基準で評価されてしまったりして、いっそう部下のモチベーション
を下げてしまうことになりかねません。

私が思うに、行動管理が上手な人というのは、
抽象的な目的や指標であっても、それが
あとで検証可能なように、具体的な要素に落とし込んで
行動に転化する能力に長けているようです。

ここでは、私の本業ではありませんが、
イメージしやすい「店先での接客」というテーマで、
事例を挙げて、抽象的な命題を小口化し、行動に落とし込む
プロセスを、ほぼアドリブ同然の状態で
実験してみました。

接客のプロから見ると、いろいろな場面で
ツッコミどころが満載かもしれませんが、
そこは素人の気ままな想像の産物ということで、
受け流していただければ幸いです。

重要なのは、「抽象的でわかりにくい問題を、具体的な目標・行動に
落とし込むプロセスの例示」ですので、
そのような観点でお楽しみいただけると幸いです。

それではみなさん、今日も、明日も、前向きに頑張っていきましょう!!

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座