貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > メールマガジン編集後記 > 日本航空営業利益の推移

上記は、日本航空における、12カ月累積売上高と12カ月累積営業利益の推移です。
決算短信と四半期報告を参考に、エクセルでデータ加工してみました。
過去3年にわたって累積売上高を見ると、一本調子で上昇しているのがわかりますね。

新聞報道で業績不振が言われている割には、なぜか売上高が12四半期連続で前年同期比増です。
営業利益は、最近、ずっと水面下(赤字)なのですが…

それと、2007年3月の決算見込みでは、営業利益がマイナスからぴょーんとプラスに
転じるように見受けられます。
「第4四半期にがんばるぞ!」ということなのでしょう。
かなりの努力が必要だと思いますが、ぜひ、がんばってほしいですね。

ただ、これまでの直近の推移を見ると、やはり監査法人の言うとおり、「繰延税金資産を将来回収するだけの収益力を期待するのは、まだ難しい」と言う判断も、ある意味、いたしかたないのかな、と思います。

ちなみに、2004年9月の、営業利益急上昇が、正直申しまして、やや不自然な印象を受けます。
なにかあったのでしょうか…

2003年6 9月:売上高5456億円、営業利益284億円
(営業利益率5.2%)
2004年6 9月:売上高5964億円、営業利益1171億円
                  (営業利益率19.6%)

上記の営業利益率の3.7倍増は、常識としては、通常、ありえないような変動です。

なお、2004年9月期前後の第一、第三、第四四半期は、すべて赤字です。不思議ですよね 。

どんな経理がなされたのか、私が株主なら、JALの担当の方に、ちょっと聞いてみたいところです。


■JALの業績について、下記の会員制CDセミナー6/20号
 でも、詳しく解説していきます!

http://bokikaikei.net/01cd/36.html


(注)本見解は、JALのホームページにおける決算発表資料にもとづいて、知りうる範囲で述べたものです。
   一定の事実を保証するものではないので、ご注意下さい。
   一切の損害等につき、責任は負えませんので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座