お問い合わせはこちらから

経常収支(けいじょうしゅうし)

海外とのモノやサービスの取引状況を表す経済指標
海外への輸出等が、輸入等を超えれば「経常黒字」、反対なら
「経常赤字」という。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
毎週 月・木・土               2004.11.11 第5号
  10秒セミナー【話のネタに!ニュース用語】
                        (読者1462人)  
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【経常収支】けいじょうしゅうし 
-—————————————————————– 
要点|
――・
   海外とのモノやサービスの取引状況を表す経済指標
   海外への輸出等が、輸入等を超えれば「経常黒字」、反対なら
  「経常赤字」という。
   
-—————————————————————– 
視点|
――・
 財務省が10日に発表した2004年4 9月の経済収支は、
9兆3666億円(前年同期比で約13%増)と、過去最高でした。
 その原因としては、アジア向けの輸出が大きく増加したこと、および
海外への投資を示す所得収支が伸びたことが上げられます。
 いっぽう、海外への旅行・輸送などを含むサービス収支は、逆に赤字
でした。
 参考までに、経常収支は、次の4つの内容から成り立っています。
 1.貿易収支    モノの輸出 モノの輸入
 2.サービス収支  海外旅行や海外での買い物は、日本にとって赤字
 3.所得収支    日本企業が海外への投資で得た収入と、
           外資が日本から得た利益・報酬の差額
 4.経常移転収支  発展途上国への経済援助など
 なお、アメリカは、反対に、9月の貿易収支が515億ドルの赤字を
記録するなど、前月からは縮小したものの、依然として高水準の赤字です。
 最近では、対中国への貿易赤字が155億ドルと、対日本の60億ドル
を超える影響の大きさとなっています。
 逆に言えば、中国の輸出が伸びてる、ということでしょうか。

…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は、
https://bokikaikei.net/01cd/5.html
 「会員制CDセミナー」 → https://bokikaikei.net/01cd/5.html
… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ https://bokikaikei.net/04jirei/66.html

法人税申告書の作成実務 時事問題 財務分析マスターゼミ

無料メール講座

  • 一般原則解説セミナー
  • 連結財務表の基礎
  • 財務諸表のイロハのイ
  • 領収証の基礎知識
  • 勘定科目と仕訳の基礎
  • 日経新聞の読み方
  • 小学生でもわかる簿記入門無料メール講座
  • 柴山式簿記1級スピード合格法無料メール講座
  • 簿記2級独学合格メソッド 無料メール講座

法人税申告書作成の実務

法人税申告書

無料メールマガジン

会計スキルアップ無料講座

プロフィール

公認会計士・税理士 芝山政行

著書一覧

著書一覧

新着記事

カテゴリー

運営会社

芝山会計ラーニング株式会社 東京都新宿区高田馬場1-33-13
千年ビル804号
TEL:03-6265-9540
FAX:03-6265-9541
取材・お問い合わせ

サイト内検索