貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > よくある質問 > 簿記3級・2級ダブル受講について

簿記3級・2級ダブル受講について

●ご質問

こんにちは。
メルマガ愛読しております○○と申します。

6月に職場の人事異動で財務部に異動しました。

P/L、B/Sは前の職場で触れる機会があって
少しはみることができますが、財務部という
職場に異動したこともあり、おもいきって本格的に
学んでみようかと思いました。

そこで目に留まったのが御社の講座です。

3級、2級と1つずつ学んでひとつずつ試験を
受けていくほうがいいでしょうか?

それともいっぺんに3級、2級のダブル受験を
したほうがいいでしょうか?


また11月末の試験に間に合うとありましたが
いっぺんにうけようとしたら、きついと思いました。

その場合は来年まで持ち越して、ゆっくり勉強
したほうがいいでしょうか?


五月雨的に質問をならべてしまい申し訳ありませんが
ご回答よろしくお願い申し上げます。


●回答

いつもご利用をいただきありがとうございます。

講師の柴山とも相談いたしましたが
3級・2級の同時受講をお勧めします。

たしかに一からはじめて、11月検定で
3級・2級同時に合格するのは難易度が高いのですが、
11月検定が終わってから2級の学習を始めるよりも
3級の学習の勢いで2級も進めるところまですすめていただくほうが
最終的に来年2月の受験で2級に合格する可能性が高まります。

年末年始に十分な学習時間が確保できるのであれば
3級2級と順番に受けることもよいかと思います。

しかし、年末年始で学習に集中できない場合、
2月の試験までに学習時間が確保できなくなる可能性も
考えられます。

できれば、11月で3級・2級を同時に受験していただき、
3級は全力で受かり、2級は腕試し、2月で2級に合格という
流れをお勧めいたします。

ご不明な点などありましたら
お気軽にお問い合わせください。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座