貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > よくある質問 > 日商簿記1級講座(学習時間について)

日商簿記1級講座(学習時間について)

●ご質問

問い合わせの方をさせて頂きたいのですが、下記のような状況で受講し、2010年6年合格が可能かどうか客観的で結構ですので、回答願えればと思います。

現在は、中小企業で経理業務についています。
高校卒業後、大原簿記の2年制に通い2級までは持っています。(19年前)その後、ずっと経理職でやってきました。
実務と試験との知識のギャップがあると思い、昨今の2級の復習を今現在進行中です。
家庭の状況としてはかなり厳しく、10か月の子育てもやっています。12月には2人目が生まれます。妻の薦めと了解を得て、受験を希望しております。
自分でも難しいとは重々存じておりますが、経理の最高峰(税理士or公認会計士or英文会計等)への切り口として、今後の生活の糧として合格を望んでおります。

箇条的に書かせて頂きまして分かりづらいかも知れませんが、宜しくお願い申し上げます。

●回答

すでに簿記2級の学習と経理の実務経験をお持ちであれば、
簿記1級の学習をされることは今後のキャリアアップに
とても有意義と考えております。

私自身も簿記1級に合格していたために
前職で入社早々に連結決算や有価証券報告書の作成業務という
2級・3級では任せていただけない業務に任せていただけました。
(会社によって状況は異なりますが、今後も
国際会計基準や監査の厳格化により経理職のニーズは高いです)

また、会計士試験にも応用が利く簿記1級は税理士科目にはない、
原価計算・工業簿記が試験範囲になっているので
資格試験のキャリアアップにもつながります。

学習時間については、平日1日1時間、土日で合計4時間は
確保していただき、11月からスタートしていただければ、
合格までの学習時間約350時間?400時間となります。

合格スケジュール表(9月開講版)は
以下のURLから確認できますのでご参考にされてください。
→ http://bokikaikei.info/sample/schedule1-0909-1006.pdf

また、日商1級のサンプルも以下のURLよりお申込みいただければ
ダウンロードできるように用意いたしました。
(最新の11月合格スケジュール表についても準備でき次第させていただきます。)
→ http://bokikaikei.info/2009/10/cd_1.html

ご家庭の事情はあるとは思いますが上記の時間を確保できれば
今から学習を始めれば、来年6月までに合格レベルの力を
つけることができると考えております。

簿記1級の講師経験が豊富な柴山がCD教材で効率的に学習できるよう
カリキュラムを立てております。
柴山会計ラーニング株式会社一同精いっぱいサポートさせていただきますので
ご検討のほどお願い申し上げます。

1級CD講座 http://bokikaikei.info/2008/06/1.html

ほかにご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座