貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > よくある質問 > 簿記3級・2級講座について

簿記3級・2級講座について

●ご質問

私は、8年前に簿記2級に合格し、それ以来、簿記の勉強はほとんどしていませんでした。
しかし、昨年、仕事の都合上、簿記1級を取得すべく半年間寮にカンヅメ状態で某簿記学校へ通学していましたが、簿記たるものを完全に忘れてしまっていて、まったく歯がたちませんでした。
半年間、通学したにもかかわらず。

結局、簿記3級、2級に合格したのも、点数さえ取れればいい、という付け焼刃的勉強法であり、基本がなっていなかったのではないかと思うのです。

そこでご相談なのですが、ゆくゆくは、税理士試験合格を目指して勉強をしていきたいと思っています。

思い切って、簿記3級から勉強をやり直して、2級、1級、そして税理士試験の道を歩んだ方がよいのでしょうか?

それとも、ショック療法的に1級をひたすら勉強した方がよいのでしょうか?

つまらない質問で申し訳ありません。
アドバイスを頂けると大変ありがたいです。

よろしくお願いいたします。


●回答

以下の通り提案させていただきます。

1)弊社の2級オンライン講座で基礎をやり直していただき、基礎固めをする。
http://bokikaikei.info/2007/11/post_13.html

2)柴山の3級著書で、2級オンライン受講と並行して、3級の本を2回転、復習をする。

3)2月の2級を再受験し、20%?30%程度の標準的な合格率
の時に、90点以上での合格を目指す。

もしも、たまたまその回が合格率10%台など、運悪く難しかった
場合には、90点にこだわらなくてもOKです。
ただし、別途過去問で、合格率20%以上の時の問題を
2回解いて、2時間で2回とも90点前後で合格できるように
なるまで、1級の勉強は、始めないほうがいいです。

※いずれにせよ、標準的な難易度の2級過去問を
安定的に90点取れる実力で1級をスタートして、
はじめて1級レベルの勉強についていけるようになります。

来年の2月までは、2級の基礎固めをDVDと3級著書で
行う方が、結果的に1年後、かならず簿記の学習を楽にするはずです。
1級は、来年の11月に照準を合わせましょう。
たいていの方は、2?3回受けて合格します。

無理のない計画で行けば、来年11月に受かれば順調、
悪くてもその次の6月に、今度は85点くらいの点数で
合格してやるぞ!といった気慨で勉強すればよいのです。

今から、きちんと2級レベルの基礎を再構築すれば、
必ず税理士合格の目標が現実的になりますよ!

柴山会計メソッドを信頼して、ついてきてください!!
柴山会計ラーニング株式会社一同精一杯サポートさせていただきます。

簿記2級オンライン講座
http://bokikaikei.info/2007/11/post_13.html

ご確認・ご検討のほどお願いいたします。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座