貸借対照表の見方・損益計算書の見方など決算書を分かりやすく解説
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 法人の方へ
  • 教材一覧
  • 出版物一覧
  • 無料メルマガ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > メールマガジン編集後記 > 超初心者向け!柴山会計がチャートで示す、「木を取り巻く生活環境と企業分析の関係」

超初心者向け!柴山会計がチャートで示す、「木を取り巻く生活環境と企業分析の関係」

■柴山塾(柴山会計ラーニング株式会社)における、企業分析の考え方



<図解:企業活動の価値連鎖と財務分析(定量分析)>





lang=EN-US>






柴山会計ノウハウでは、企業活動を「一本の木の営みと、それにかかわる生命活動の循環」

に置き換えて、とらえています。





企業(木)は、継続的な生命活動の中で、常に一定の果実、すなわち利益を

生み出し続けなければなりません。



その果実(利益)の源になるのが、太く、たくましく、生命力あふれる幹(収益力のもととなる経営資源)

なのです。



財務分析の中心は、なんといっても、木の幹に当たる収益性(利益を生むエンジン、ポンプ)

なのです。



そして、どっしりとした幹を中心にして、大地にしっかりとした健康な根を張ります。



この、企業の土台(根)ともなるべき下地を評価するのが、財務安全性に関する分析なのです。



もちろん、木が大きくなるには、枝葉がしっかりと天に向かって伸びなければなりません。

これが、成長性です。





さらに、果実を求めてやってくるさまざまな生き物、これが市場におけるお客様だったりします。



そして、多くの生き物の生活の場となれば、そこで木の根元周辺には、水分や養分が

たくさん落ちてきますね。



そして、その養分がまた、根からしっかりと吸収されて、更なる果実の生産へとつながるのです。



この、養分の循環過程がキャッシュフローです。


このようにして、柴山会計の財務分析ノウハウは、身近な木の営みになぞらえて、わかりやすく、



収益性、 成長性、 安全性、 循環性の観点から、



総合的に企業の実態を明らかにしていく、という独自のものとなっています。



以上のオリジナルな視点から提供される他に類を見ない教材、



事例分析の柴山塾」と、「時事問題でアウトプットの会員制CD」に、どうぞご期待ください。





     → 柴山塾/上場企業・分析実用メソッドは、ここをクリックしてください。



(注目)会員制CDセミナーと併用すると、柴山塾を25%割引で受講できます。

簿記1級
簿記1級スピード合格法無料メール講座
簿記1級独学学習者におすすめ。短期合格の秘訣を動画解説
01 簿記1級合格までの道のり
02 800時間から500時間への短期合格プラン
03 500時間を可能にする「75点合格主義」
04 柴山式簿記法の重要ポイント
05 短期合格する人、しない人。その違いとは?
06 準備講座(2級の要点復習)プレゼントと効率的勉強法
貸借対照表・損益計算書 「財務諸表のイロハのイ」のお申し込みはこちら
3日間で財務諸表の入門知識を確認。簿記入門者・簿記検定3級受験者におすすめ。
第1回 財務諸表の意味と役割 第2回 バランス・シートと損益計算書 第3回 最近の会計事情
日経新聞 「日経新聞のニュースの読み方と会計・財務の入門」のお申し込みはこちら 第1回 日経新聞でマクロ→業界→ミクロの情報を入手、第2回 存在感増す「国際面」、第6回 小学生でもわかる!決算短信の入門知識、第7回 バランスシートを使って、コスト削減を考えよう!
連結財務諸表 「連結財務諸表の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割 第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック
勘定科目と仕訳 「勘定科目と仕訳の基礎」のお申し込みはこちら
第1回 勘定科目と仕訳の意味、第2回 貸借の呼び方、第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
簿記入門無料メール講座